40〜50代女性が悩む「尿もれ」などの体調不良、その種類と解決方法を正しく理解しよう!

タグ: , , , , 2022/11/17

 女性の様々な悩みを中心に情報発信をしている、女性医療クリニックLUNAグループのYouTubeチャンネル「るなクリニックch」。

今回は、「ミドルエイジからの女性の悩み」として、「尿もれと骨盤底筋」についてお話します。

【関連記事】「こむら返り」は体からの危険信号





まずはじめに、女性は45〜55歳の間に閉経し、この間に女性ホルモンが急速に下がります。

この時、アップダウンをしながら下がるため、自律神経失調症や精神神経症状を起こしやすくなります。

そして、閉経後およそ3年ほど経つと、今度はフェムゾーン(膣と尿道)の萎縮症状が起こったり、コレステロール値や血圧が上がることにより動脈硬化が進む、骨の調子が悪くなるなどが起こります。

ここで、エイジングケアに必要な6要件についてお伝えします。

①血管を守る
②骨を守る
③うつ状態にならないように気をつける
④皮膚の老化を防ぐ
⑤筋肉量を維持する
⑥ガンを早期に発見する

これに加え、年を重ねると、フェムゾーンが弱くなってくるため、そのケアも大切になります。

突然ですが、皆さんは、「骨盤底」をご存知ですか?

骨盤底というのは、恥骨と尾骨に至るひし形のプレート臓器のことをいいます。

このプレートは、骨盤底筋群、皮下組織、じん帯、筋膜などから構成されており、下から膀胱、子宮、膣、肛門を支えています。

そして最も重要な機能なのが、排泄機能を維持しているということです。

元々遺伝的に骨盤底が弱い方がいますが、その方たちが妊娠・分娩で弱らせ、運動量低下により筋肉量も落ち、GSM(閉経関連尿路生殖器症候群:女性ホルモン低下により粘膜や皮下組織が薄くなる)になってしまいます。

この他、便秘や喫煙など様々な悪条件が重なることで、早い方だと40歳くらいから、頻尿・尿もれが起きてしまう他、膣から膀胱・子宮・直腸が出てくる骨盤底障害という状況にもなってきます。

骨盤底には3つに分けるという考え方があり、

・前側が傷む→咳やくしゃみの尿もれが起きる
・真ん中が傷む→頻尿になる
・後ろ側が傷む→子宮脱になる

というように、同じ骨盤底でも傷んでいる場所によって症状が違ってきます。

このうち、1番数が多いのが、尿もれです。

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧