測定姿勢によってストレス指数が変わる!

タグ: , 2019/1/19

 ストレス指数は姿勢によって変化します!今回は座、寝、立のストレスを比較してみました!

・合わせて読みたい→
人間関係だけではない 意外に気づかないストレス要因とは(https://cocokara-next.com/stress/stress-factors-unaware/)

姿勢でストレスが変わるって本当?

まずは座って測定

まずは、よく測っているように、ソファーにもたれかかって、リラックスした状態で座って測ってみます。心拍数は64、ストレス指数は23。

続いて寝そべって測定

続いて、寝そべってストレスを測ってみます。なんと出た数値は、心拍数62、ストレス指数は9!
なんで!?何もしていないのに、14もストレス指数が下がっちゃいました。これは驚き!


立ったらどうなの?

座る、寝そべるという姿勢の違いでストレス指数に変化がありましたが、立った状態ではどうでしょうか。

数値はなんと、心拍数78、ストレス指数50。50!?平均30の私にとってはかなり高い数値。

そういえば、測るときはいるも座るか寝そべるかどちらかの姿勢だったから、今までわからなかったのかも。

立っただけでこんなにストレス指数が変わるんですね。

ストレススキャンの過去のデータを調べてみた!

たっていて測ると「55.4」
座って測ると「45.3」
寝そべっていると「35.2」
という結果になりました。(全年齢・性別)
やはり、姿勢によってストレス指数が変わるのは、本当のようです!

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

総合格闘家・堀口恭司とのコラボレーショングッズ第1弾、WAYLLYは平らな壁ならどこでも”くっつく”次世代スマホケースです!「ナノサクション」という特殊技術を、採用しているので”くっつく”ことを実現可能にしているのです!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧