ユニコーンの名曲「大迷惑」は小室圭さんへの応援歌だった!?その謎に迫る

2021/9/30

 小室圭さんを巡る報道の過熱が止まりません。

 あるネットメディアの記者は言います。

 「今一番、『PV持ってる男』ですよね。応援する人もアンチも、とにかくヒトコト言わずにはいられない。『一億総舅・小姑』にさせてしまう何かがあります。そして『ちょんまげ帰国』も凄い。自分から『燃料』を持参して火の海に飛び込んでくるって、なかなかできないことですよ」

・今すぐ読みたい→
辛口全開!小室圭さん報道でスポニチの果敢なジャーナリズムに称賛の声 https://cocokara-next.com/topic/sponichi-journalism/


 そんな中、ユニコーンの名曲「大迷惑」が、小室さんの現在を予見していたとして、注目を浴びています。

 「『大迷惑』は平成元年4月に発売されたユニコーンのファーストシングルです。転勤を命じられ、単身赴任を余儀なくされたサラリーマンの悲哀が描かれています。すでに当時のユニコーンはアルバム2枚をリリースしており、バンドブームの中でもウィットに富んだ異質の存在として高評価を得ていましたが、奥田民生が描く独特の世界観を持つこの曲は世代を超えて大ヒット。今も尚、代表曲として愛されています」(前述のネットメディア記者)

 歌詞で描かれる小室さんとの共通項は以下の3点です。

「3年2か月の過酷な一人旅 この悲しみをどうすりゃいいの 誰が僕を救ってくれるの」

 小室さんがニューヨークに留学してから、このほど日本に帰国するまでがちょうど3年2か月。その間、国内では週刊誌を中心とする自身の報道が過熱していました。それらに心を乱されながら、学業に没頭した3年2か月の日々は、まさに過酷な一人旅だったことでしょう。しかし期間がこんなに合致することって、偶然とはいえ凄いです。





「僕がロミオ 君がジュリエット」

 世間的には必ずしも歓迎されているとは言い難い中でも、愛を貫くその姿はまさにシェークスピアの古典劇にも通じるものがあります。

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧