韓国の東京五輪事件簿「白い粉」「妨害ライト」「握手拒否」・・・メダル数もライバル日本に惨敗

タグ: , 2021/8/12


 東京五輪が閉幕し、韓国は不本意な成績に落胆している。メダル獲得総数は20個(金6)で、国別総合順位は目標の10位以内に入れず16位。金メダルの数は84年ロサンゼルス五輪以来の最少タイだった。

 韓国社会では五輪でどれだけメダルを獲得できるか、対抗心を燃やす日本より上かどうかが関心を集めてきた。その点でも、開催国日本は史上最多のメダル58個(金27)を獲得し、総合3位に躍進。16年リオデジャネイロ五輪からライバル日本にメダル数で逆転された韓国は今大会でさらに差を広げられた。

 原因はお家芸であるテコンドーや、連覇を目指した野球の4位など、期待された競技での不振が響いた。思うように結果が出ないイライラが募ったのか、大会中の抗議行動のほうが目立ったり、とばっちりを受けるなど踏んだり蹴ったり。東京五輪で話題になった「事件簿」をピックアップした。





【白い粉事件】

◇8月4日
◇野球・準決勝
日本5ー2韓国

 韓国がいちゃもんをつけたのは、投手が滑り止めのために手につける粉末のロジンバックだった。同点の7回から登板した伊藤大海(日本ハム)がロジンをつけて投げるたびに白い粉が舞い上がり、打者パク・へミンが「リリースポイントが見えない」と審判に抗議したが、認められなかった。伊藤に抑えられて流れを失った韓国は試合にも敗れた。

 韓国メディアは「明らかなルール違反」などと叩き、伊藤のツイッターにもバッシングが相次いだ。伊藤は「人より手汗をかくのでロジンをつけないほうが危ない」などとつづり、「♯追いロジン(ロジンをつけた後にまたつけるの意味)」と投稿したことでさらに韓国ネット民の怒りを買い、騒動は拡大した。

【妨害ライト事件】

◇7月28日
◇卓球女子シングルス準々決勝
◇伊藤美誠4ー0チョン・ジヒ(韓国)

 伊藤が試合中、テレビカメラによる照明がまぶしいと審判に訴える一幕があった。日本のネット上では「韓国のテレビ局による妨害行為か」と騒ぎになり、情報は拡散。取材する現場記者にまで噂は広がったが、実際は日本テレビ系のカメラ班によるミスだったことが判明した。

 韓国メディアは「日本のネット民が『日韓戦』というだけで無理に作り上げた憶測」などと猛批判。SNS上でも激しい日韓バトルが繰り広げられ、フェイクニュースにも踊らされた五輪だった。

・今すぐ読みたい→
「コンドーム」カヌー、バット&サーフィン「真っ二つ」・・・東京五輪ハプニング集 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tokyo-olympics-happening-collection/

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧