コロナ禍で実は利益増!? 報道されない大手メディア「ボロ儲け」の怪

タグ: , 2020/5/31

 新型コロナウイルスは人々から多くのものを奪っていきました。不要不急の外出が控えられ、観光業や飲食業が大打撃を食らい、国内でも失業者や倒産する企業はさらに増えると予測されています。

 そんな中、意外にも「減収ながらも増益」で確かな利益をたたき出している業種があるといいます。日々、新型コロナ関連のニュースを報じている大手メディアです。

・今すぐ読みたい→
朝日新聞を襲った3大コロナ禍 甲子園中止発表&賭け麻雀発覚が異例の同日に・・・「コロナは痛快」発言に続き https://cocokara-next.com/topic/the-asahi-shimbun-company-problem/






  テレビ局の関係者は言います。

 「提案型の営業も対面では出来ませんし、新規スポンサーの開拓もままならない。事業イベントはみな中止になりました。販売、広告、事業と営業部門は大打撃で、当初は夏のボーナスも悲惨な数字になると思っていたんですよ。ところが…」

 ふたを開けてみたら、意外にも悪くない額が出そうだというのです。何故でしょうか。

 「新しい番組が作れないから、再放送ばかり流している。そうしたら、意外と視聴率も好調です(笑)。番組の制作費もタレントのギャラもかからない。ハイヤー代もタクシー代もかかりません。経費が大きく削減されましたから、気づいたら黒字。健全化がはかれて、経理サイドは笑いが止まりませんよ」

 新型コロナによって大きなダメージを受けたのは、スポーツとエンタメです。これらが2大コンテンツとなるスポーツ新聞の世界ではどうでしょうか。スポーツ新聞の関係者は言います。

 「販売、広告ともに厳しいです。そもそもスポーツ新聞にとって、一番の売りはプロ野球。『ひいきのチームが勝ったから、感動を味わうために駅やコンビニで買おう』と部数を伸ばしてきた経緯があります。でも、肝心の試合が行われない。番記者はグラウンドには入れず、広報の協力でリモート取材するのが精いっぱいです。特にスポーツ紙の記者は一般紙に比べ、選手と『密』な関係を築くことでネタを取って書くのが存在意義なのに、手足を縛られています」

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧