朝日新聞を襲った3大コロナ禍 甲子園中止発表&賭け麻雀発覚が異例の同日に・・・「コロナは痛快」発言に続き

タグ: 2020/5/30

 「よりによって同じ日にかって思いましたよ」

 大手メディア関係者が息を潜めます。

 「夏の甲子園大会の中止発表と、『文春オンライン』で黒川検事長が産経新聞の記者2人と朝日新聞の社員と緊急事態宣言発令下に賭け麻雀をしていたことを報じたのが、ともに5月20日だったんです。文春のネット記事が出てからは、社内も落ち着かない空気だったそうです。夏の甲子園中止はすでにスポーツ紙が報じていたことですし、ショックは文春砲の方が大きかったかもしれません」

 ともに新型コロナウイルスの感染拡大さえなければ、ありえなかった「事件」。国内最高級のクオリティーペーパーでもある、朝日新聞が揺れた一日でした。

・今すぐ読みたい→
配布終了は緊急事態解除後・・・不織布マスク流通回復でますます要らないアベノマスク https://cocokara-next.com/topic/abenomask-unnecessary/






 「夏の高校野球は朝日にとっては特別すぎる行事なんですよ」

 前述の関係者が語ります。

 「どんな社会問題があろうとも、7月以降の朝日の地方版紙面は高校野球の記事で占められます。担当するのは主に支局2年目の記者。取材して書くだけでなく、地方大会をコーディネートするのです」

 「そのため、地方球場では朝日記者だけ冷房完備の関係者席で試合を見ていて、他メディアの記者は炎天下ということもよくある(笑)。甲子園行きのチームが決まると、敗退までベタ付きで帯同します。社内で要職に就いている人は若い頃、ほとんどこれを経験している。だから思い入れが強すぎるんです」

 営業サイド的にも、ドル箱コンテンツだといいます。

 「高野連は商業主義と一線を画すのが建前ですが、元々は朝日の部数拡張のためのイベントですし、現在でも販売と広告が7、8月は高校野球と連動し、血眼になって数字を上げにいきます。編集部門、営業部門が一丸となる大イベントですから、中止は苦渋の決断としか言いようがありません」(前述の関係者)

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧