田中大貴アナが高校野球トークイベント!松坂世代たちが今、すべてを語る

タグ: 2018/7/2

・合わせて読みたい→
稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんとの共演で考えさせられた「アスリート」という言葉の意味(http://cocokara-next.com/motivation/tanakadaiki-serialization-4/)


 フリーアナウンサーの田中大貴氏が出演するトークイベント「田中大貴と松坂世代たちが今、全てを語る! THE高校野球」が16日午後1時半から東京・池袋の「アットビジネスセンター池袋駅前別館」にて開催される。参加費は4000円。

お申込みはこちら (http://ptix.at/pOqTfd)

 イベント第1弾は「高校野球史に残る名試合! 横浜・PL学園の試合を振り返る」と題し、横浜高OBの常盤良太氏、PL学園OBの古畑和彦氏が出演。伝説となった98年夏の甲子園準々決勝の同戦を振り返る。さらに帝京OBでフジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で元日本ハム・イースラーのモノマネなどでお茶の間を沸かせたお笑いタレントのそうすけも出演。帝京高出身の野球通でもある人気芸人が会場を盛り上げる。


 小野高(兵庫)から慶大野球部でも活躍した田中アナは「私も『松坂世代』の一員であり、高校球児として甲子園を目指して白球を追いかけていました。その後、大学野球の舞台で松坂世代と対戦したり、フジテレビ入社後は放送の舞台裏で起きていたことを通して、まだ世に出ていない高校野球ファンにはたまらない『松坂世代』のエピソードをたくさん知っています。もう一度、あの20年前の夏の記憶を辿りながら、実際に甲子園球場で戦った選手たちの言葉からエピソードを紐解きます」とメッセージを寄せた。

・合わせて読みたい→
稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんとの共演で考えさせられた「アスリート」という言葉の意味(http://cocokara-next.com/motivation/tanakadaiki-serialization-4/)


※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文:ココカラネクスト編集部]

田中 大貴 (たなか・だいき)

1980年4月28日、兵庫県小野市生まれの38歳。小野高では2年から4番で打線の主軸を担った。巨人・高橋由伸監督にあこがれてか慶應義塾大学 へ。4年春に3本塁打でタイトルを獲得。フジテレビ入社後は主に報道・情報番組とスポーツを担当。「とくダネ!」「すぽると!」ではバンクーバー五輪、第2回WBC、北京五輪野球アジア予選、リオ五輪キャスターなど様々なスポーツイベントを現地からリポートした。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

おすすめコラム

人気タグ一覧