激しいぶつかり合いと「矛盾」に注目! ラグビー世界最高峰TOP14の見どころ

タグ: , , 2018/11/1

 ラグビー世界最高峰のフランスリーグTOP14。上位チームの試合を中心に毎節2試合、現地の興奮をそのままに手に汗握る好ゲームを放送しているWOWOWでは、11月4日(日)に第9節屈指の注目カードであるリヨンvsスタッド・フランセを深夜0時から無料放送する。

TOP14の解説を務める元日本代表の大西将太郎さんに、このカードとリーグ全体の状況、注目すべきチームや選手、そしてラグビーに詳しくない人でも楽しめるポイントを聞いた(以下、順位や勝ち点は第8節現在のもの)。

(C)WOWOW

・合わせて読みたい→
ラグビー選手の日々の生活とモチベーションの持ち方 松島幸太朗インタビュー1(https://cocokara-next.com/motivation/kotaromatsushima-interview-01/)

五郎丸歩もプレーした、世界のトッププレーヤーが集まるフランスリーグ


──ラグビーワールドカップ2019日本大会まであと1年をきりました。
「僕も日本各地、行く先々で『最近、ラグビー熱が上がってきたね』といった声を聞きます。ただ、『だからラグビーを見に行こう』というレベルまではまだまだ到達していません。そのきっかけとしてテレビでのラグビー中継は非常に大事だと思っています。フランスリーグ TOP14は各国の代表選手やワールドカップ出場経験者が多数いますので、ぜひこれを機に彼らのラグビーを見ていただきたいですね」

──TOP14を知らない方々に、どのようなリーグなのかわかりやすくお教えください。
「フランスのドメスティックなリーグではありますが、世界中から名選手が集まっており、世界の主要リーグの中でも最高峰と言えるリーグです。その名のとおり14ものチームが戦っています。TOP14には、日本ラグビーの最高峰リーグであるトップリーグで言えば、宗像サニックスのように小さな街で成功を収めているチームがたくさんあり、ラグビーのクラブがその街の誇りとして存在しています。また、今はトップリーグの神戸製鋼で活躍する元ニュージーランド代表スタンドオフのダン・カーターもラシン92で3シーズン活躍し、先日、世界選抜の一員として日本代表と対戦した元ニュージーランド代表センターのマア・ノヌー(ブルーズ)や元日本代表フルバックの五郎丸歩(ヤマハ発動機)もRCトゥーロンでプレーしました。世界のトッププレーヤーが一度は挑戦したいリーグと言っていいでしょう。もし日本のトップリーグがプロ化を目指すなら、TOP14がひとつの理想像になるのではないでしょうか」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧