交流戦首位を快走するヤクルト 好調の要因は「縁の下の力持ち」

タグ: , , , 2018/6/11

救援陣が強固なチームは接戦に強く白星を積み重ねられる

 交流戦も中盤を折り返し、セ・リーグが意地を見せています。週末の9日はセリーグの6球団が全勝。10日も4勝2敗とパ・リーグに勝ち越しました。僕もDAZNとAbema TVでDeNA-日本ハム(横浜)の解説をさせて頂きましたが、DeNAが同一カード3連勝を飾りました。新人の東、神里の両選手の活躍が目立ちましたが、三嶋、エスコバー、パットンと救援陣が日本ハム打線の勢いを止めたらからこそ白星を引き寄せたように感じました。

 現役時代に中継ぎで投げていた時期が長かったので、救援陣の活躍に目がいきます。中でも注目しているのが、9勝2敗と交流戦首位の快進撃で一気に上位浮上したヤクルトです。元々打線はリーグ屈指の破壊力です。好調の要因は救援陣の奮闘ぶりが大きな要因ではないでしょうか。9日のオリックス戦はカラシティー投手が3回からロングリリーフで登板。5回無失点の快投で反撃を断ちました。中継ぎ投手は打たれた時にだけ注目されてしまう過酷なポジションです。技術力と共にタフな精神力が求められる縁の下の力持ちですが、救援陣が強固なチームは接戦に強く白星を積み重ねられます。ヤクルトは中尾投手が5勝5ホールドで防御率2.83、近藤投手が13ホールドで防御率1.65、守護神・石山投手が9セーブで防御率0.91ときっちり結果を残しています。

 12日からパリーグ首位の西武と対戦します。どの打順からも点が取れ、メヒア選手がベンチに控えている破壊力抜群の強力打線は今季計326得点。交流戦でも11試合で72得点、1試合平均6.5得点という驚異の数字が打線の勢いを物語っています。ヤクルト投手陣が西武の「山賊打線」を抑えられるか。勝負のカギを握る中継ぎ陣に注目するのも面白いかもしれません。

・合わせて読みたい→
プロ野球選手はなぜタバコを吸うのか?(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/why-smoking-professional-baseball-player/)


※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部 平尾類]

林 昌範(はやし・まさのり)

1983年9月19日、千葉県船橋市生まれの34歳。市立船橋高から01年ドラフト7巡目で巨人入団。06年には自身最多の62試合に登板するなど主に救援で活躍。08年オフにトレードで日本ハムへ移籍した。11年に退団し、12年からDeNAに加入。昨オフに戦力外通告を受けて現役引退した。通算成績は421試合で22勝26敗22セーブ99ホールド、防御率3・49。186センチ、80キロ。左投左打。家族はフリーアナウンサーの京子夫人と1男1女。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧