だからいい!ボクシングの練習が細マッチョに最適な理由~名門ジムの松本トレーナーに聞いた

タグ: , , 2018/1/10

均整のとれた【細マッチョ】に

ボクササイズ

今回指導してくれたのは、数多くのチャンピオンを育て上げ、子どもから一般の方達も指導する松本好二トレーナーにその良さを改めて聞いた。 バランスのとれたカッコいい体になるには、ボクシングの練習が最適だ。サンドバッグを叩けばストレスの解消になるし、短時間でも気持ちのいい汗をかけて爽快な気分になれる。

ボクシングの練習はウォーミングアップを終えてから、シャドーボクシングやミット打ち、サンドバッグ打ちと続いていくのが一般的です。選手たちは、ここにスパーリングなどの実戦練習も入ってきます。時間にして、だいたい1時間から1時間半。自分のペースで、無理なく進めることができます。ですので、ボクサーとしてチャンピオンをめざす人だけでなく、運動不足を解消したい、やせたいという人たちにも最適のトレーニングといえるでしょう。

チャンピオンたちの体を見てもわかるように、ボクサーは均整のとれた理想的な体をしています。筋肉ムキムキではなく、いわゆる
【細マッチョ】と呼ばれる体形ですね。

パンチを打つ動作で腰をひねるので、まずウェストの引き締めに効果的です。上半身にも負荷がかかる動きですから、肩や腕などにもバランスのいい筋肉がつき、逆三角形の体になっていくんですね。

また、ボクシングというと、腕を中心とした上半身の運動と思われがちですが、足も重要なんです。パンチを打つポジションに移動するため、軽快にステップを刻まなければなりません。そして、ひざを柔軟に動かさなければパンチを打てないので、足にも細く形のいい筋肉がついていくのです。 松本トレーナーが指導した元巨人選手鈴木尚広と元NFLチア小池絵未がボクシングに挑戦した様子を一緒に見ながら、実践してみませんか?

次回は、具体的なトレーニングが狙っているさらに詳しくご紹介します。

■ 編集部からのお知らせ
 12月7日に販売される雑誌「CoCoKARAnext」では《日常のなかで気軽にできる最強の運動【歩く】の5W1H》を特集する他、現WBO世界王者の井上尚弥、高木豊と3人のJリーガー息子の「高木家の人材育成論」等、アスリートと一流仕事人に学ぶ情報が満載。今号はプレゼント企画も実施中です。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

〔文/構成:ココカラネクスト編集部 〕

鈴木尚広 (すずき・たかひろ)

公式サイト https://suzukitakahiro.com/

小池絵未(こいけ・えみ)

公式サイト http://www.emikoike.com/

トレーナー 松本好二 (まつもと・こうじ)

1969年9月27日、神奈川県横浜市出身。
日本フェザー級王座は3度獲得し、通算8度防御。96年11月には東洋太平洋フェザー級王座獲得。
98年9月の試合を最後に引退。プロ戦績は33戦26勝(15KO)6敗1分。大橋ジムのトレーナーとして、WBC世界スーパーフライ級の川嶋勝重、世界3階級制覇の八重樫東、現WBO世界スーパーフライ級チャンピオン井上尚弥らの多くのチャンピオンを育成。
プロボクシングトレーナー最高の栄誉とされる「エディタウンゼント賞」を2004年に受賞している。

[大橋ボクシングジム]

■住所 〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町1-7-12 ハウスプラン横浜ビル3・4階
■TEL 045-314-1994
■利用時間 月〜土10:00〜22:00、日10:00〜18:00
■大橋ボクシングジム公式HP
http://www.ohashi-gym.com/

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

おすすめコラム

人気タグ一覧