close

「日本のボクシング史上一番強い」具志堅&長谷川がベタ褒めする井上尚弥の才能

タグ: , , 2018/8/6

 元プロボクサーでタレントの具志堅用高さんが、WOWOWプライムで放送された「無料放送!錦織・大坂・乾・柴崎・畑岡 あの人か選ぶ!衝撃と感動のスポーツ名場面50」において、今アツく注目していている選手を挙げた。

・合わせて読みたい→
伊達公子が語る、胸のカップ↓で世界ランク↑した執念のテニス選手(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/kimikodate-tenacity/)

 「ちょっちゅね〜」の決め台詞でお馴染みの具志堅用高さんだが、元WBA世界ライトフライ級チャンピオンで、日本人最多13度の王座防衛という大記録を持つ日本ボクシング界のレジェンド。そんな百戦錬磨の具志堅さんが衝撃を受けたシーンは、当時24歳だった井上尚弥選手の烈火の如きボディーブロー。

デビューから全勝中の怪物が待望の全米デビュー


 2017年9月にアメリカで行われた井上尚弥選手とアントニオ・ニエベス選手(アメリカ)の一戦。井上選手にとって初の海外戦ながら、アウェーの空気に飲まれることなく前に出て相手を圧倒し続け、5ラウンドには強烈なボディーブローでダウンを奪った。6ラウンド終了後には相手が棄権し、勝利。圧倒的な実力差で全米デビューを飾った。

 「しっかりと踏み込み体重をのせて放った重いボディーブロー。自分のパンチが当たる距離にしっかりと踏み込んで行く。この距離感は教えてできることではないですね」と、具志堅さんはその才能を称賛。

 同番組スタジオゲストで元世界3階級制覇の長谷川穂積さんは、「長い日本のボクシングの歴史の中でおそらく一番強い選手なんじゃないかと思う。しかもアメリカという舞台でボクシングをするということがまたすごいことなので、これからがとても楽しみな選手です」とコメントした。

 今秋開幕の「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)」に出場予定の井上選手。日本ボクシング界のレジェンド達がおののく程の才能を持ったモンスターが、大暴れする。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧