元巨人・鈴木尚広直伝ストレッチ特集外伝!ストレッチでは呼吸が大事

タグ: , , 2017/6/10

鈴木尚広

鈴木尚広選手はストレッチをしているときに、「呼吸」という言葉を何度も使っていました。ストレッチをするにあたり「呼吸」とは、どんな意味を持つのでしょうか? 鈴木尚広選手に聞いてみました。

――鈴木尚広選手

ストレッチで大事なのは「呼吸」です。ゆっくり息を吐きながら筋肉を伸ばしていきます。呼吸を止めたままでは体の緊張状態を緩めることはできません。極論をすれば、ストレッチの動作自体よりも、呼吸がもっとも大切だと思います。【呼吸によって、心と体をつなげていく】という感覚です。

アスリートだけでなく、デスクワークなどで長時間同じ姿勢をとっている人たちも、背中や肩が張ってくると思います。そういうときも、ストレッチは体や気持ちの緊張を緩める一つの手段なのではないでしょうか。気軽に自分に合ったポイントをつくっていけばいいと思います。

リラックスする時間を持つことが大事

――鈴木尚広選手

心と体は密接に関係していると思います。心と体が離れてしまうと、プロの世界ではパフォーマンスも出せません。やはり、気持ちを安定させることが、とても大事なのではないでしょうか。

たとえば、風邪をひいていなくても、風邪だと思い込むことで風邪になってしまうこともあります。このように、頭で思っていることは、体に直結するのです。気持ちを安定させることが、心と体をつなぐことになるのではないかと思うのです。

■ 編集部からのお知らせ
 12月7日に販売される雑誌「CoCoKARAnext」では《日常のなかで気軽にできる最強の運動【歩く】の5W1H》を特集する他、現WBO世界王者の井上尚弥、高木豊と3人のJリーガー息子の「高木家の人材育成論」等、アスリートと一流仕事人に学ぶ情報が満載。今号はプレゼント企画も実施中です。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

〔文/構成:ココカラネクスト編集部 〕

鈴木尚広 (すずき たかひろ)

1978年4月27日生まれ、福島県相馬市出身。
5歳ころから野球を始め、相馬高校時代に甲子園出場はなかったものの、1996年のドラフトで読売ジャイアンツから4位指名で入団。「代走のスペシャリスト」と呼ばれた。2016年引退。通算228盗塁は球団史上歴代3位 。
代走での盗塁132は日本記録。現在はテレビ解説者などを務める。

公式ホームページ https://suzukitakahiro.com/

「フィットネス」新着記事

おすすめコラム

人気タグ一覧

ストレッチ (24) 鈴木尚広 (20) 元巨人 (22) 島田亨 (4) お酒 (9) 元楽天野球団 (9) 武田翔太 (6) 福岡ソフトバンクホークス (12) 怪我 (2) 動画 (33) ローカーボ (4) 食事法 (33) メンタルケア (12) 夏バテ防止 (5) 疲労回復 (3) 肌荒れ改善 (1) アトピー改善 (1) 松田宣浩 (6) 安眠 (2) むくみ改善 (2)