鈴木尚広が伝授!試合前のストレッチ~心と体をつなぐストレッチ論#1

タグ: , , 2017/11/13

代走のスペシャリスト鈴木尚広 試合前のストレッチ

鈴木尚広さん

プロ野球の読売ジャイアンツで活躍、代走での通算盗塁数日本記録を保持し「代走のスペシャリスト」と称された鈴木尚広氏。現役時代は故障が多かったこともあり、ストレッチを重要視していくようになった。
その中には、つねに緊張した場面で登場する、自身の心と体をコントロールする目的もあったという。現代社会を生きる我々も、日々ストレスにさらされている。そこで、鈴木流ストレッチ論をあらためてお伝えしたい。

ストレッチで緊張を緩める

私はつねに緊張した場面、1点を取る終盤の重要な場面に出場することがチームでの役割でした。ですから、まわりの雰囲気やファンの声援などで、すごく緊張するんです。
しかし、そこで緊張しすぎてもいけないし、気持ちが緩みっぱなしでもいけない。適度な緊張をしなければいけないんです。だから、緊張状態の心と体を、いかに自分でコントロールしていくかをいつも考えていました。

そこで、試合前はストレッチなどで、体を緩ませることに多くの時間を割いていたんです。試合に入れば当然緊張度は増しますので、練習から緊張するのではなく、緩めた状態をつくりながら、緊張を徐々に高めていく作業をしていました。

ストレッチには1時間くらいかけていましたね。体を緩めるのがストレッチですから、ストレッチをしているときに緊張する人はまずいないと思います。誰かと話をしながらストレッチを行うことで、体はすごく緩んできます。

私はストレッチが動作だけでなく、緊張を緩めるという面でも重要だと思っているんです。緩めすぎてもいけないのですが、試合前から緊張をつくる必要もありません。そういった意味でも、ストレッチに時間を割いていたという感じです。

ストレッチでは呼吸が大事

鈴木尚広さん

ストレッチで大事なのは「呼吸」です。ゆっくり息を吐きながら筋肉を伸ばしていきます。
呼吸を止めたままでは、体の緊張状態を緩めることはできません。極論すれば、ストレッチの動作自体よりも、呼吸がもっとも大切だと思います。
呼吸によって、心と体をつなげていくという感覚です。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。 〔文/構成:ココカラネクスト編集部 〕

鈴木尚広 (すずき・たかひろ)

1978年4月27日生まれ、福島県相馬市出身。
5歳ころから野球を始め、相馬高校時代に甲子園出場はなかったものの、1996年のドラフトで読売ジャイアンツから4位指名で入団。「代走のスペシャリスト」と呼ばれた。
2016年引退。通算228盗塁は球団史上歴代3位 。
代走での盗塁132は日本記録。現在はテレビ解説者などを務める。

公式サイト https://suzukitakahiro.com/

おすすめコラム

人気タグ一覧

ストレッチ (24) 鈴木尚広 (20) 元巨人 (22) 島田亨 (4) お酒 (9) 元楽天野球団 (9) 武田翔太 (6) 福岡ソフトバンクホークス (8) 怪我 (2) 動画 (31) ローカーボ (4) 食事法 (28) メンタルケア (12) 夏バテ防止 (5) 疲労回復 (3) 肌荒れ改善 (1) アトピー改善 (1) 松田宣浩 (2) 安眠 (2) むくみ改善 (2)
  • 白寿生科学研究所