ドラゴンフルーツの栄養成分と効果

タグ: , , 2018/10/4

 鮮やかなピンク色の外皮が目を引くドラゴンフルーツ。正式な名前はピタヤといいます。外皮がウロコ状になっていることからドラゴンフルーツと呼ばれ、東南アジアの国々でよく食べられている南国の果物です。

ドラゴンフルーツは数種類あり、ホワイトピタヤ、レッドピタヤ、ピンクピタヤ、イエローピタヤなど外皮の色や果肉の色が異なります。日本国内では沖縄県や鹿児島県での栽培が盛んで、スーパーなどでも見かけるようになってきました。今回はドラゴンフルーツの栄養とその効果についてご紹介します。

ドラゴンフルーツの栄養成分と効果


カリウム
カリウムは、細胞の中と外の浸透圧やPHを正常に保つ他、筋肉の収縮にも関わっています。カリウムはナトリウムの濃度が高いとカラダの外へ排出させるため、食塩の摂りすぎによるむくみや、血圧を下げる作用があるとされています。

マグネシウム
マグネシウムは野菜や精製していない穀類・種子などに含まれます。体内では2/3が骨に存在しており、カルシウムやリンとともに大切な骨の構成成分です。そのほか、体内で酵素の働きを活性化したり、神経伝達や筋肉の収縮に関わっています。ストレスがあったりアルコールやカフェイン入り飲料を飲んだ際にはマグネシウムを消費するため、意識して野菜や種子類をとるようにしましょう。

リン
リンは、カルシウムとともに骨を作ったり、細胞膜やDNAなどの構成成分となります。肉や魚、大豆などに広く含まれるミネラルです。

ベタシアニン(ポリフェノール)
果肉が赤いドラゴンフルーツ「レッドピタヤ」にはポリフェノールの一種であるベタシアニンが豊富に含まれています。ポリフェノールは、主に活性酸素を消去する抗酸化作用を持ち、それ以外にも血管を強化したり、目の機能改善、老化防止などそれぞれの種類が独特の機能を持っています。

葉酸
葉酸はその名の通り、野菜や豆、海藻など植物に広く含まれるビタミンです。造血作用や皮膚や粘膜を強くする働きを持ち、アミノ酸や核酸の代謝に関わる栄養素です。

食物繊維
食物繊維は水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維に大きく分けられます。腸内環境を整えたり、便秘を予防・改善したり、血糖値の急上昇を抑えるなど大切な働きをしています。

・合わせて読みたい→
バナナを朝に食べる、シンプルなダイエット法(http://cocokara-next.com/food_and_diet/banana-diet/)

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧