スポーツクラブNAS初の女性執行役員 白井さんの仕事とストレスへの付き合い方

タグ: , , , , 2018/1/23

スポーツクラブ女性執行役員による仕事とストレスへの付き合い方

 女性執行役員としてご活躍の白井奈美さんに、スポーツクラブNASの特色、ご自身のキャリアパス、健康法についてお聞きしました。

コンセプトは「カラダだけでなく、ココロも明るく元気に!」

スポーツクラブNASとはどういったところなのですか?

 当社の理念は、「カラダだけでなく、ココロも明るく元気に」がコンセプトなので、貴誌と合致するところがあります。事業の中心はスポーツクラブなのですが、その他にもキッズスクール、エステ、ゴルフ、クライミング、トライアスロンなど、スポーツクラブの枠にとらわれない取り組みをしています。


白井さんが統括している「ビジネスプロモーション事業部」「営業推進統括部」とは具体的にどういったお仕事内容なのでしょうか?

 ビジネスプロモーション事業部は、もともと法人営業部という名前でした。個人向けではなくて、企業向けのためのチームだったのですが、我々は「健康」というすばらしい商品を提供している自負がありました。そのすばらしい商品をひとりでも多くの方にお伝えし、買っていただきたいという想いから、ビジネスプロモーション事業部という名前に変わりました。

 営業推進統括部は、本業のスポーツクラブ以外に、ホットヨガ、エステ、英語を楽しく学ぶことができるインターナショナルスクール、プレミアム店舗等を見ています。

 目指しているのは、NASの看板を見た方が、「近くにあって良かった」、「また明日も行こうかな」と思ってもらえる存在になること。運動する人だけじゃなく、地域に住んでいる人みなさんが幸せな気持ちになってもらえるようなクラブになりたいと思っています。

女性初の執行役員になって

現場で働いているときから仕事上で心がけていたことは?

 長い間エアロビクスインストラクターやジムのトレーナーをしていたため、お客様お一人おひとりのご意見を直接お聞きすることができました。いただいたご意見を真摯に受け止め会員様のため、クラブにとって良いと思うことはすぐに実行にうつしました。

 現在では、あえて異業種の方と積極的に交流し意見交換をしています。全く違う世界の方と会うことにより、自身の偏った考え方を見直し俯瞰的に物事を見ることができるようになってきたと思います。

 これからも「たくさんの人に会う」ことを続けていきたいと思います。

なぜ女性初の執行役員になれたのですか?秘訣はありますか?

 店舗のスタッフと支配人を計18年間やってきたので、現場のことを理解しているということ。その頃の上司はすごく厳しい方で、朝から晩まで働くこともありましたし、辞めたいと挫けそうになったときもありました。それでもストレートにぶつかっていって、逃げなかったから今があるのかなとは思います。

逃げなかったことというのは、具体的にどういったことに直面したのですか?

 一番辛かったのは12、3年くらい前ですかね。「自分でやること」に楽しさを覚えていたので、部下に割り振ってやらせるべき仕事を、全部自分でやらないと気が済まなくなっていました。そうなると、仕事はなかなか進まない。溜まってくるし、ミスも増えるし、上司の要求も増えるしで、いっぱいいっぱいになったとき、仕事を全て外されたんです。かなり気落ちしましたが、おかげで考え方を切り替えることが出来ました。

 今は仕事を誰かに任せ、成功に導く楽しさや部下が褒められることの嬉しさ、チームのみんなで成し遂げたときの達成感というのが分かってきました。私はラッキーなことに、その切り替えがうまくできたのかもしれません。

白井さんのストレス対処術

日常でココロとカラダをどう整えているのですか?

 弊社の『ホットスタジオ美温』には1週間に1回ほど通っています。ただ単に室温を上げて温めるのではなくて、富士山の溶岩石の遠赤外線効果で、内側から体温を上げるので気持ちよくサラッとした汗を大量に流すことができるんです。発汗によるデトックス効果で、カラダも気持ちもスッキリします。なんか広告みたいになってすみません(笑)

 他にも、エアロバイクやランニングマシンも身心のメンテナンスに活用しています。

ストレスとはどう向き合っていますか?

 じつは、私はストレスがそれほど溜まらないみたいです。基本はポジティブ。一瞬、ガーッと悩みますけど、引きずらない。仲間がいるのも大きいです。高校時代からの友人や前の勤務先の誰かしらと、飲みに行ったり、旅行に行ったりしています。仕事とそうでないときの切り替えはできているほうかと思います。昔は、休みの日も会社に行っていた時期もありましたけどね。

 最近は、オフの日はあえて遠くに行きます(笑)

■編集部からのお知らせ
12月7日に販売の雑誌「CoCoKARAnext」では《日常のなかで気軽にできる最強の運動【歩く】の5W1H》を特集する他、現WBO世界王者の井上尚弥、高木豊と3人のJリーガー息子の「高木家の人材育成論」等、アスリートと一流仕事人に学ぶ情報が満載。今号はプレゼント企画も実施中です。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

〔文/構成:ココカラネクスト編集部 〕

白井奈美(しらい・なみ)

1970年8月31日生まれ、福島県会津出身。
日本女子体育大学を卒業後、1993年日本体育施設運営株式会社(現・スポーツクラブNAS株式会社)に入社。永山店、聖蹟桜ヶ丘店、松戸店などで現場経験を重ね、2011年本社勤務に。関東ブロック長等を経て、2014年同社女性初の執行役員となる。学生時代はバレーボールに熱中。実家は作り酒屋で、大のお酒好き。

「ストレス」新着記事

おすすめコラム

人気タグ一覧