ホンダがF1ブラジルGPでセナ以来28年ぶりのワンツーフィニッシュ!黄金時代復活なるか?!

タグ: , , 2019/11/20

 ホンダが11月17日のF1ブラジルGPで28年ぶりのワンツーフィニッシュを果たした。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペン(22)=オランダ=が今季3勝目を挙げ、トロロッソのピエール・ガスリー(23)=フランス=が初表彰台の2位に食い込んだ。1991年の日本GPで当時マクラーレンのゲルハルト・ベルガー、アイルトン・セナのコンビで飾って以来の快挙だ。

表彰台でワンツーを喜ぶフェルスタッペン(左)とガスリー(ホンダ提供)

ホンダ陣営の思惑


 ホンダ系2チームによるワンツーはウィリアムズのネルソン・ピケ、ロータスのセナ、ウィリアムズのナイジェル・マンセルで表彰台を独占した1987年のイタリアGPまでさかのぼる。

 前戦アメリカGPでメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が3年連続6度目のチャンピオンを決め、ブラジルGPと最終戦アブダビGP(12月1日決勝)は「消化試合」になってしまった。出場チームの中には来季の車両開発につなげるべく、実戦で先行パーツを試すなど結果を度外視するところもある。

 ところがホンダ陣営にとってはどうしても結果を残さなければならない事態にある。F1の活動を2021年以降も継続するかどうか社内で検討に入っており、今回のレース結果が芳しくなければ、マイナスに働く可能性があったのだ。
ホンダは今年4~9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表。インド2輪市場の減速や為替影響などにより売上収益は前年同期比1・8%減の7兆7253億円で3期ぶりの減収となった。

・合わせて読みたい→
大谷翔平、八村塁の他にもいる米スポーツで活躍中の日本人とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/nascar-hattorishigeaki/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧