ホンダがF1ブラジルGPでセナ以来28年ぶりのワンツーフィニッシュ!黄金時代復活なるか?!

タグ: , , 2019/11/20

黄金時代復活なるか

ブラジルGPでフェルスタッペン(右)がポールトゥウイン(ホンダ提供)

 その余波なのか、二輪の全日本ロードレース選手権では2018年に二輪モータースポーツを統括するホンダレーシング(HRC)の下でワークス活動を再開したが、わずか2年で撤退するとのうわさまで持ち上がっている。F1も岐路に立たされているようだ。

 シーズン3勝は5勝した1992年以来。優勝した11月17日はホンダ創業者で91年に他界した本田宗一郎初代社長の誕生日でもあった。ホンダの田辺豊治テクニカルディレクターも欧州メディアの取材に「この結果がわれわれの未来にプラスに影響することを願っています」と答えており、社内への強いアピールとなったはずだ。

 F1に復帰して5年目。マクラーレンと組んだ3年間は結果を残せなかったが、昨年からレッドブルグループと提携したことでようやくメルセデス、フェラーリを脅かす存在になった。このまま活動を継続すれば、黄金時代が復活する可能性も十分にあり得る。ホンダ上層部の前向きな決断が待たれる。

[文・写真/東京中日スポーツ・鶴田真也]

トーチュウF1エクスプレス(http://f1express.cnc.ne.jp/)

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧