明桜157キロ右腕・風間球打が金足農フィーバー以来、秋田旋風再現だ!

タグ: , , , 2021/8/4

 2年ぶり夏の甲子園、主役は誰だ。

 レベルの高い高校生投手がそろう「ドラフト豊作年」といわれる今年だったが、甲子園への道は険しかった。小園(市和歌山)、森木(高知)、達(天理)、畔柳(中京大中京)といった ドラフト上位候補が相次いで地方大会敗退。そんななか注目を集めているのが秋田代表、ノースアジア大明桜の157キロ右腕・風間球打(かざま・きゅうた)だ。

・今すぐ読みたい→
日本ハム・清宮の「現在地」、ミスターファイターズが指摘する同期のヤクルト・村上、ロッテ・安田との差とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukiotanaka-talks-about-kotarokiyomiya-2/



 「世代最速男」だが、これまで聖地とは無縁だった。昨夏の県独自大会で優勝も、コロナ禍の影響で甲子園開催が中止。今夏の秋田大会は3試合に登板して26回を投げて32奪三振3失点と圧倒。決勝でも秋田南を力でねじ伏せて完封し、3年最後の夏に念願の全国切符を勝ちとった。

 組み合わせ抽選の結果、第3日(8月11日)第1試合で帯広農(北北海道)との対戦が決定。勝ち進めば、2回戦は明徳義塾(高知)と県岐阜商の勝者。3回戦には愛工大名電(愛知)らがいる強豪ブロックに入った。「甲子園でどれだけ投げられるかというのはすごく楽しみ。158キロを出したい」。2001年夏に日南学園・寺原(元ソフトバンク)がマークした甲子園最速更新を狙う。





 風間の出身は山梨県の甲州市。同郷である輿石(こしいし)重弘監督との縁もあり、秋田の私立校「ノースアジア大明桜」に進学した。校名は昨年から改称され、前身は「秋田経法大付」。同校の最高成績は1989年夏、1年生左腕の中川申也(元阪神)を擁して勝ち上がった甲子園ベスト4だ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧