「まだその段階ではない」井上尚弥、PFPランクのトップ奪取はならず。一方で1位に推す記者も「考えていた以上の選手」

タグ: , , 2022/6/10

難敵のドネアを、わずか264秒でマットに沈めた井上。“モンスター”の名に恥じない圧倒的な力を見せつけた。(C)CoCoKARAnext

 圧巻の2ラウンドTKO勝ちを収めた”モンスター”でも、“世界最強”の称号には届かなかった。

 『ESPN』が6月9日、最新のパウンド・フォー・パウンドランキングを発表。3団体統一を果たした井上尚弥は、前回と変わらず2位に位置付けられた。「印象的な勝利を収めたナオヤ・イノウエとデビン・ヘイニーの順位は?」と題した記事のなかで、その理由の一部が紹介されている。

【画像】井上尚弥は2位変わらず。ESPNが発表した「最新PFPランキング」をチェック

 井上のPFPランクを上げることに難色を示したひとりが、『ESPN』のベン・ベイビー氏だ。同氏は「イノウエの偉大さとPFPランキングへの参加に疑問の余地はない」としたうえで、「しかし、私のリストでイノウエより上位にいる3人は、いずれも文句なしのチャンピオンとなり、階級を上げ、そしてタイトルを獲得している」と主張。さらに、「イノウエは3階級でタイトルを獲得し、”モンスター “のニックネームに恥じない活躍をしており、スターへの道を順調に進んでいる。この調子でいけば、PFPのトップに立つ資格は十分にあるが、まだその段階ではない」と理由を述べたという。

 一方で、井上に1位票を投じた記者もいた。同じく『ESPN』で記者を務めるマイク・コピンジャー氏は、今回の2ラウンドTKO勝ちを理由に、井上を1位に繰り上げている。

「ドネアは今年40歳を迎えるが、未来の殿堂入り選手はバンタム級で好調を維持していた。ドネアをいとも簡単に倒したイノウエは、我々が考えていた以上の選手であることを証明した。彼はもっと良い選手になるかもしれない。まだ29歳だ」(コビンジャー氏)

 前回のランキングでは、トップに君臨するWBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)と井上の差は40ポイントあったが、今回は10ポイントに縮まったという。“世界の頂点”まであと一歩に迫った“モンスター”。次の試合が楽しみでならない。





[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】井上尚弥の肉体を「進化」させた食事・栄養改革。プロテインを使うようになった理由とその使い分けは?
【関連記事】「他の選手とは全然違う」井上尚弥は“減量”の上手さも別格!カラダづくりを支える管理栄養士が感じたモンスターの進化
【フォトギャラリー】ドネア戦の激闘を振り返る!“地球上で最強のアスリート” 井上尚弥を特集!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧