オリたちの逆襲!低迷球団「サメ効果」で7年ぶりパ首位!

タグ: , , 2021/6/21

 サメのイメージといえば、海にひそむ危険生物。おそろしい効果音とともに近づき、大きな口を開けて人間にかぶりつく!ついつい大ヒット映画「ジョーズ」を思い浮かべてしまいがちだが、昨季まで2年連続最下位チームにかみつかれたパ・リーグ5球団も驚いているに違いない。

・今すぐ読みたい→
交流戦Vを果たしたオリックスの今後の活躍継続の鍵を握るのは・・・、攝津正氏が解説 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/orix-interleague-game-victory/



 セパ交流戦で11年ぶり2度目の優勝に輝いたオリックス。リーグ戦再開後も勢いは止まらず、20日楽天戦で8連勝を飾り、楽天と並んで7年ぶりとなるリーグ首位に立った。チームを率いるのは就任1年目の中嶋聡監督(52)。球界では親しみをこめた「サメ」の愛称で知られている。

 サメと呼ばれる理由は諸説あるが、1つは細い目で顔が似ていること。もう1つは現役時代に捕手として、投手や選手とよくコミュニケーションをとるために後ろをついて回る姿が「コバンザメ」のようだった、という話もある。球界関係者は「顔は怖いが、話すとおもしろい」と声をそろえる。

 秋田の無名校・鷹巣農林高校(現北鷹〈ほくよう〉高校)から1986年ドラフト3位で阪急に入団。強肩を武器に出場機会を増やし、オリックス、西武、横浜、日本ハムと渡り歩いて8度のリーグ優勝(うち日本一2度)を経験。1軍実働29年は工藤公康、山本昌と並んでプロ野球最長記録だ。





 サメのように体も強い。90年9月20日の日本ハム戦で、投手・星野伸之の投げたスローカーブを素手で直接キャッチしたエピソードがある。プロで使用する硬球は大きな石のようなもので、当たるとかなり痛い。捕球後、投手よりもかなり速い球速で返球し「恥ずかしいからミットで捕球して」と星野にお願いされたという。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧