阪神・メッセ 「日本人」1年目 次に日本人登録になる選手は?過去になった選手は?

タグ: , , 2019/1/31

  阪神のランディ・メッセンジャー投手は、昨年4月に国内FA権を取得した。それにより、今年2月1日のキャンプインは外国人枠を外れ、「日本人選手」扱いで初めて迎えることになった。

・合わせて読みたい→
イチロー「50歳までは現役」 球界最年長の各記録は?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/ichiro-active-duty-up-to-50-years-of-age/)


 本人にも、チームにとっても大きな変化。1軍4枠という外国人枠の幅を広げた補強が可能となり、起用法にも全く影響しない。

外国人選手は、1軍の出場選手登録日数が145日を満たしたシーズンが8年に達すると国内FA権、9年に達すると海外FA権を取得する。145日に満たない場合は、全てを合算して145日に達したものを1年として計算する。国内FA権を取得した翌年から外国人枠を外れる。

こうして日本人扱いとなった外国人選手は、メッセンジャーで9人目。96年に取得した郭泰源(西武)が最初で、04年タフィー・ローズ(巨人)、08年アレックス・ラミレス(巨人)、09年アレックス・カブレラ(オリックス)、10年ブライアン・シコースキー(西武)、11年ミンチェ(許銘傑、西武)、ホセ・フェルナンデス(西武)、17年ジェイソン・スタンリッジ(ロッテ)がいる。

今季、その国内FA権取得をにらむ大物外国人選手が2人いる。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧