花巻東・佐々木麟太郎が今度は指骨折で手術…怪物を悩ませるケガの多さ

タグ: , , , 2022/7/29

※画像はイメージです

 ケガが心配だ。

 高校通算74本塁打の花巻東(岩手)スラッガー、佐々木麟太郎内野手(2年)が28日に左手人さし指骨折の手術を受けたことがわかった。2週間の安静が必要で、医師からバットスイングを禁止されているという。

【関連記事】セ界1強のヤクルトはいかにして「平成史上最悪のドラフト」を克服したのか






 今夏の岩手大会は、23日の準決勝で盛岡中央に敗戦。プロ注目の152キロ右腕、斎藤響介投手から2安打を放ったが、チームは2-3で敗れ甲子園出場を逃した。その試合の一塁守備で、走者と交錯した際に指を負傷した。

 ケガは今回だけでない。1年秋、センバツ出場をかけた東北大会で左足すねを疲労骨折。全国デビューとなった明治神宮大会には骨折が完治しないまま出場しながら2本塁打と規格外のパワーを見せつけた。

 昨年12月には、両肩の胸郭出口症候群が悪化し、手術を受けた。痛みやしびれで腕が上がらない症状を、中学2年から持病で抱えていた。スイング再開は2月の下旬。リハビリ途上だった3月のセンバツ大会では、市和歌山戦で4打数無安打2三振に終わり、初戦で敗退した。

 肩の手術による影響が長引き、センバツ後も打撃の調子は上がらなかった。夏の大会前、佐々木は「スイング時の腕周り、肩周りの動きが良くない。センバツ後も苦労しています」と明かし、フォーム改造などにも着手した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧