ロッテの佐々木朗希はオールスターで26日ぶりに実戦登板 ほぼストレート勝負の結末は

タグ: , , , 2022/7/28

 ロッテの佐々木朗希投手が27日に行われたオールスターゲーム第2戦(松山・坊ちゃんスタジアム)で全パの一員として26日ぶりに実戦登板を果たした。

【関連記事】西武激震!山川、森、主力が続々「流出危機」の舞台裏






 7月1日の楽天戦で右手中指のまめがつぶれてしまい、登録抹消で治療に専念。大船渡高時代にまめがつぶれた経験があり、十分な治癒が確認されなけければ再発の恐れもあることから、レギュラーシーズン前半戦での復帰登板を回避。ぶっつけ本番で球宴に臨むことになった。

 第2戦の先発を任され、全セを相手に持ち前の潜在能力を発揮することはできたものの、実戦感覚が鈍っていたのは明らか。先頭打者を抑えた後に3連打を浴びて満塁のピンチを招き、阪神の佐藤輝明に左へ先制犠飛を打たれた。1回でマウンドを降り、被安打3の1失点。1971年の江夏豊(阪神)以来の9者連続奪三振の期待が向けられていたが、三振を1つも奪えなかった。

 ただ、投げた23球のうち21球がストレート。巨人のウォーカーとの対戦で球宴日本人最速タイの162キロをマークし、群を抜くスピードをみせつけた。

 佐々木は登板後に中継局のインタビューに応じ、「もっと変化球を投げたかったんですけどサインが出なくて、松川のせいでこうなりました」。松川とは4月の完全試合達成を含めてバッテリーを組んできた高卒1年目の松川虎生捕手のこと。字面では冷たく感じられるかもしれないが、普段から相棒として接する朗希流の愛情表現ではある。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧