【侍ジャパン】主力打者沈黙は吉兆か、今後求められる指揮官の「胆力」とは

タグ: , , , , , , , , 2023/3/3

(C)CoCoKARAnext

 果たしてどうなるか。2日に行われた中日との合同練習で、侍ジャパンは竜投相手に無得点に終わった。

 中日投手相手に6イニング想定となったシート打撃で安打性の当たりは4本出たものの、いずれも単打に終わった。

【関連記事】「あの球はすごい」球界OBがエース山本由伸の”後釜”に期待するオリックス右腕の名前





 中でも注目を集めているのは本番で中軸を期待される打者たちの状態だ。

 村上宗隆(23)の第1打席は福谷浩司(32)に空振り三振、四球をはさみ、3打席目は中継ぎ右腕の田島慎二(33)相手に左飛に終わった。山川穂高(31)も第1打席で福谷から三振、無死一、二塁の想定だった2打席目は遊ゴロ併殺打に倒れた。3打席目は一邪飛だった。山田哲人(30)は2打席こなし、一ゴロと四球だった。

 カブス・鈴木誠也(27)の辞退が決まり、右の大砲不在となった。夏季五輪でも4番を務めた大きな存在を欠くことになり、打線への影響が心配されている中、村上、山川、山田に関しては、週末のソフトバンク戦からノーヒットが続いている。

 この打線の状態に関して栗山英樹監督は「皆さまの思っている通りで」と苦笑しながらも「これだけのバッターたちなので、本番に向かって、必ずそこまでには合わせてくれる」と復調を信じていると語った。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧