横浜・川村が勝負所で3P暴発!三河はCS争い落としたくない一戦を落とす

タグ: , , , 2019/3/4

●三河 83 ‐ 93 横浜〇
(三河通算成績 23勝19敗)

 前日のGame1を僅差で勝ち切り4連勝を狙ったシーホース三河だったが、4Qで横浜の猛攻を浴びて逆転を許した。5本の3Pシュートを決めた西川のB1通算1000得点達成を勝利で飾ることができなかった。

 一方、横浜ビー・コルセアーズは元来高いポテンシャルを持つ各選手が爆発。特に最終4Qの局面で川村卓也が次々と3ポイントを決め逆転。試合を通して川村の3ポイント決定率は脅威の83.3%。最後数分食い下がる三河の攻撃陣を振り切った。

 コートの外では「愛知学院大学 Presents シーホース三河ホームゲーム Supported by 東海ウォーカー」の今節は、いつもホームゲームの運営に携わる愛知学院大学の学生たちが考えた各種イベントが会場を盛り上げた。

・合わせて読みたい→
三河・岡田侑大がプロ転向からの3ヶ月を振り返る Bリーグ注目の大型ルーキー(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yuta-okada-interview/)

■ シーホース三河 鈴木 貴美一 ヘッドコーチ 試合後コメント


 リバウンドも頑張っていたし、お互いにターンオーバーの少ない締まったゲームだったと思うんですが、横浜さんのシュートがとにかく落ちなかったと言いますか、一生懸命ディフェンスをみんな頑張っていたんですが、#0細谷選手(横浜)と#1川村選手(横浜)にやられすぎました、2人で50点ですから。

 ちょっとこれでは話にならないというか、もう少しドリブルさせるとか、ディフェンスをもう一歩頑張っていれば展開が違ったと思います。

 最後、オフェンスで点を取れない中で、相手には気持ちよくやられてしまって、どんどん点差が離れてしまったとこだったと思います。あの勝負所でもう少し我慢して、しっかりオフェンスして、ディフェンスをもっと協力し合ってやれればよかったんですが、1人で頑張ってしまっていたので、もう少しショーディフェンスなどをしたりできれば良かったんですが、無抵抗でやってしまっていたので、そういうところが今日の一番の反省点です。

 やろうという思いはあったんですが、なかなかみんな自分のマークマンにやられるのをこわがってヘルプしなかったのが現状です。

 横浜さんはもともと能力のある選手たちが今日は爆発した試合だったかなと思います。まだ対戦するので、しっかり対策を練って、もう少しディフェンスでイニシアチブを取れるように頑張らないと、点数取るだけでは勝てないので、その辺りをしっかり考えたいと思います。

■ 横浜ビー・コルセアーズ トーマス・ウィスマン ヘッドコーチ 試合後コメント

 三河さんは本当に素晴らしいチームだと思いますし、三河さんのホームで戦うことはすごくやりづらい試合なので、ここで1勝を取れたということは自分たちの大きな一歩につながると思います。

 今日の勝因は、ミーティングから言っていたんですが「必死にやっていこう」「なにがなんでもこの勝ちを取りにいこう」という話をしていて、それがしっかりとプレーに現れた試合だったと思います。前半の出だしから三河さんがリードしたにも関わらずしっかり追いつけた、そこから後半、4Qに入るときもリードされている中でしっかり逆転することができた。本当に自分たちが言っていた「必死さを出していこう」その必死さが出てきたことによって今日の試合は勝てたと思っています。

 スタッツを見てもわかる通り、3Pシュート成功率が57%、2Qに関しては7/7でしたし、最後の重要な場面で16-0の連続得点をすることができました。それらも大きな要因なんですが、本当に今日は必死にやって、自分たちに必要だった大きな1勝を取れことを嬉しく思っています。

三河さんはいいチームですし、今週は#14金丸選手が出場しなかったですが、それでも彼らは強いチームなので、そこから1つ取れたということは自分たちにとっては大きいと思います。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

総合格闘家・堀口恭司とのコラボレーショングッズ第1弾、WAYLLYは平らな壁ならどこでも”くっつく”次世代スマホケースです!「ナノサクション」という特殊技術を、採用しているので”くっつく”ことを実現可能にしているのです!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧