B1リーグ 三河ダービー、両チーム連敗脱出をかけたゲームは1勝1敗

タグ: , , , 2021/12/27

 12月25日(土)・26日(日)に行われたB1リーグ13節。シーホース三河は、三遠ネオフェニックスと対戦した。

12月後半は苦しい試合が続く三河だが、GAME1は、ガードナーが28得点11リバウンドのダブルダブル、ユトフが20得点9リバウンドと攻守に奮闘。出場選手全員が得点するなど、28点差で快勝。連敗を4で止め、ホームに駆け付けたファンに最高のクリスマスプレゼントを届けた。

GAME2は、意地のぶつかり合い。前半はロースコアで熾烈なディフェンス戦に。後半は、激しい点の取り合いとなる。三河は粘りを見せるも、三遠の3Pシュートに苦しめられ逆転負けを喫した。

・今すぐ読みたい→
【がけっぷちの男たち】楽天・オコエ~勝負の7年目 甲子園のスターも野球人生の岐路に~ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/louisokoye-stand-on-the-edge-02/

―試合結果―
2021年12月25日(土)
三河 〇 97-69 ● 三遠
(三河通算成績 13勝9敗)

1Q 三河 24–24 三遠


守備を修正して9点差を追い上げ、同点で終える

スターティング5は、#5コリンズワース、#18角野、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。

三遠#4カーター、三河#54ガードナーが3Pシュートを決め合うスタート。パスワークでフリーを作り、#19西田、#18角野が連続で3Pシュートを打ち抜いて先行するが、三遠も#14松脇の3Pシュートで返上。両チームともに高確率にシュートが決まり、アップテンポな打ち合いとなる。

三遠に連続得点を許し、残り3分半に三遠#20ハリスのリバウンドで13-22とリードを許す。しかしタイムアウト後、三遠#20ハリスのパワープレーを#32シェーファーが止めるなどディフェンスの強度を上げて三遠のインサイドを封じ、#14ユトフのダンク、#7長野のドライブ、#7長野のアシストで#14ユトフが3Pシュートを決めて2点差に。残り1分、#32シェーファーのバスケットカウントのフリースローのリバウンドを#14ユトフが沈めて24-24の同点に追いつく。

2Q 三河 49–42 三遠(三河 25–18 三遠)

ガードナー 前半16得点の爆発

スタートは、#3柏木、#7長野、#14ユトフ、#19西田、#54ガードナー。

#54ガードナーがポストアップからのフェイダウェイで先制するが、三遠#13ノックスもすぐにやり返して譲らない。

#14ユトフがディープ3Pシュートで勢いづけると、#54ガードナーをスクリーンに使って#3柏木、#7長野が次々と3Pシュートを射抜いてリードを2ポゼッションに広げる。

その後も粘り強いディフェンスを継続し、スティールから立て続けに走って#54ガードナーが連続得点。3分を残して二桁リードを奪う。三遠も#13ノックス、#20ハリスの得点で踏みとどまり、7点リードで試合を折り返す。

3Q 三河 76–60 三遠(三河 27–18 三遠)

速攻、ハーフコートともに好調、16点リードで4Qへ

スタートは、#5コリンズワース、#18角野、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。

#5コリンズワースのリバウンドで先制すると、#19西田が三遠のファストブレイクをブロックショットで阻止し、そこから逆速攻に転じて#54ガードナーが加点。#5コリンズワースもファストブレイクで続いて、一気に流れを持ってくる。

#19西田を起点に#54ガードナーのバスケットカウント、#32シェーファーの合わせで得点を重ねると、#54ガードナーがワンマン速攻、#7長野がスティールから走って#32シェーファーのバスケットカウントをお膳立てと、緩急自在のオフェンスでリードを20点に乗せる。

三遠は#14松脇、#26津山が反撃するが、#32シェーファーの3Pシュート、#18角野のミドルシュートなどで返上し、16点リードで最終Qを迎えた。





4Q 三河 97–69 三遠(三河 21–9 三遠)

最後まで堅守を発揮し、快勝で連敗ストップ

スタートは、#3柏木、#7長野、#14ユトフ、#18角野、#54ガードナー。

#3柏木のB1個人通算1000得点達成となる3Pシュートで先制。ハードなディフェンスで三遠をタフショットに導き、リバウンドからのロングパスで#14ユトフがダンクを叩き込むなど効率よく得点を積み上げていく。

三遠は#0ラベナを中心に活路を見出そうとするが、時計を巧みに進めながら、チームオフェンスで#32シェーファーの合わせ、#4細谷の3Pシュートで得点し、残り1分に97-66と30点のリードを築いて試合を決定づける。最終スコア97-69で大勝し、連敗を脱出した。

シーホース三河 ヘッドコーチ 鈴木貴美一  試合後コメント

ここ最近は負けが続いてしまって、相手が良かったというのもあるのですが“自分たちのバスケットがまったくできない”という状態でした。

この一週間、三遠さんへの対策と、自分たちが良くなるための練習をしっかりやってきました。「もう一回原点に戻ろう」と、我々がなぜシーズン当初は成績が良かったのかを思い出して、ディフェンスとトランジションをしっかりやった結果が出たので、本当に良かったと思います。

三遠さんも非常に良いチームで、前回は外国籍選手が怪我でそろっていませんでしたが、今節は外国籍選手が全員戻った状態でした。その中でも、選手たちはプレーにフォーカスしてやってくれて良かったと思います。

ここから勝ち続けていけるように頑張ります。

三遠ネオフェニックス ブラニスラフ・ヴィチェンティッチ コーチ 試合後コメント

ゲームの入りから振り返ると、第1Qは自分たちのプラン通りでした。特に出だし5分は、オフェンス面でもディフェンス面でもコントロールできていたと思います。しっかりスペーシングなどをキープしていたのでいいカタチでシュートが打てていました。タイムアウトの後、三河さんがオフェンスを調整してきた中で、自分たちがセカンドチャンスポイントとトランジションの部分で三河さんにやられてしまったという印象です。

第2Qについても同じようなカタチで、三河さんにかなりイージーにレイアップをやられてしまった。正確ではないですが3~4回はアンドワンがあったと思います。セカンドチャンスポイントとトランジションの部分で自分たちが早く戻れなかったり、ボックスアウトがおろそかになったり、といった点でやられてしまいました。

後半は基本的には第2Qと同じで、自分たちがアグレッシブさを欠いてしまい三河さんにイージーに得点をされてしまった。セカンドチャンスポイントとトランジションの部分が非常に大きかったと思います。最後まで集中力を維持できなかった結果が敗戦に繋がったと考えています。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧