空振りはわずか3回…大谷翔平から3本塁打のヤンキース打線にエンゼルス監督は「何かがおかしい」

タグ: , , 2022/6/3

大谷は自己ワーストの3本塁打を浴びるなど、いいところなく今季4敗目を喫した。(C)Getty Images

 大谷翔平を完全攻略したヤンキース打線に指揮官も驚きを隠せない様子だった。

 現地6月2日(日本時間3日)、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は、ヤンキー・スタジアムで行われたニューヨーク・ヤンキース戦に「2番・投手兼DH」で先発出場した。投手では3回4失点で、自己ワーストの3本塁打を浴びるなどし、今シーズン4敗目を喫した。打者では4打席目に3試合連続となる安打を放ち、4打数1安打を記録したものの、一塁牽制でアウトになる場面もあった。






【動画】大谷翔平、球種を読まれたか…ヤンキースのジャッジに完璧なホームランを打たれたシーンの映像

 今日の“投手”大谷は明らかに本調子ではなかった。序盤から制球に苦しみ、初回にヤンキースのマット・カーペンターに先頭打者弾を浴びると、4番のグレイバー・トーレスにも直球をスタンドまで運ばれた。さらに3回にはリーグトップの本塁打数を誇るアーロン・ジャッジにソロホームランを打たれるなど、強力ヤンキース打線に3発を被弾した。また、前回登板では10奪三振を記録した大谷だが、今日はわずかの2奪三振で、41スイング中3度しか空振りを奪うことができなかった。

 エンゼルス番記者のジェフ・フレッチャー氏は自身のTwitterで、試合後のエンゼルスのジョー・マドン監督のコメントを投稿。同監督は「珍しいことで、何かがおかしい。ヤンキースは球種を読むのが非常に上手で、我々はもっと気を付けないといけない」と相手に大谷の球種や癖を見抜かれた可能性を指摘しつつ、「ズルをせずに見抜いているのであれば、全く問題ない」とも言及したという。空振り率6.7%という異常なデータから、かつてアストロズが犯したような“サイン盗み”の可能性も頭をよぎったのだろう。

 投手で本領発揮とはいかなかった大谷は、ダブルヘッダーの2戦目にもDHとして出場。しかし、2戦目も快音は聞かれず、チームも1-2で敗れている。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】楽天・オコエ 二軍で絶好調でもお呼びがかからない「あの理由」とは
【関連記事】巨人・「増田陸株」急上昇の裏で追いこまれる「あの選手」とは
【PHOTO】投打で躍動!MLB2022シーズンでさらなる高みを目指す大谷翔平を特集!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧