日ハム『円陣動画』の波紋、問われるSNS発信の姿勢とは

タグ: , , 2021/8/18

 中田翔内野手(32)の暴力行為で揺れる日本ハムで新たな問題がクローズアップされている。

 注目を集めているのは、4月11日に球団公式ツイッターに投稿された試合前の円陣動画(現在は削除)。投稿には、「きょうも声出しは #万波中正 選手 先輩からダメ出しされて2回気合入れてます」とのコメントが添えられていた。

・今すぐ読みたい→
中田翔、引退危機!気になる今後の野球続行の可能性とは・・・ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shonakata-retirement-crisis/



 該当のシーンは開幕直後、チームがソフトバンク3連敗後にオリックス戦に臨み、3連勝がかかった試合前のこと。声出しを担当する万波が「一昨日と昨日勝って、今日勝てば3連勝ということで、全員で勝ちにいきましょう!」と真面目に気合を入れるも、「なんでなんで?」「流れよ、お前!」「やばいよ」「ひとりでやれお前」など、突き放すようなコメントを先輩選手が笑いながら放っている。また円陣の最中にベンチ裏に消える選手もおり、ネット上ではファンから「いじりなの、いじめなの?」と当初から波紋を呼んでいた。

 ただこの動画には伏線もあった。連勝時には試合前の円陣で「何も言うことがありません」と万波がいうことでチームが盛り上がって連勝したことで、ゲン担ぎの意味で同じ言葉を先輩選手からは期待されていて「(何も言うことがありませんで連勝したんだから)流れ(を意識しろ)よ、お前!」というムードだった。

 一方この動画の中で「新たな問題」がファンの間で物議を呼んでいる。万波に対して「日サロ行きすぎだろ、お前」といった声が飛んでいると、ファンの間で問題視されているのだ。本サイトでも当該動画をチェックし、確かにその発言があったことが確認された。





 万波はコンゴ人の父と日本人の母を持つハーフ。当然のことながら、肌の色や人種に関して言及することは人種差別にあたり、一般社会でもタブーとされる。すでに一部ファンからは「ファンクラブ解約した」「子供にこんな動画見せたくない」と非難の声が続々と上がっている。ここまで騒ぎが大きくなったことで球団の対応にも注目が集まる事態となっている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧