元チームメイト・攝津正氏が語る松坂大輔の「人間性としての一流さ」・・・「思い立ったらすぐに行動できる人」

タグ: , , , , 2021/7/8

 日米通算170勝を挙げ、「平成の怪物」と呼ばれた松坂大輔が7日、現役引退を発表した。一時代を築き上げ、記録にも記憶にも残る名選手として愛されてきた右腕の引退に、球界各所からは寂しさと労いの言葉が寄せられている。

現役時代、チームメイトとしてプレーした元ソフトバンクの攝津正氏は自身のYouTubeを更新し、共に過ごして感じた松坂の人柄や思い出について語った。

・今すぐ読みたい→
松坂が引退・・・功労者「出戻り」を解禁した西武の裏事情 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/daisukematsuzaka-retire/

若手・育成問わず誰に対しても気さく


2015年、9年ぶりに日本球界への復帰を果たし、ソフトバンクに入団した松坂。

3年間チームメイトとしてプレーした攝津氏は、共に過ごすなかで感じた松坂の人柄についてこのように話している。

「めちゃめちゃ気さくで、気遣いもすごくできる人でした。成功すると気難しい人なのかなというイメージがありますが、松坂さんは全然そんなことはない。若手・育成問わずどんな選手に対しても質問をしたら答えてくれましたし、僕自身もこんなに親しくさせてもらっていいのかなという感じでした。
自分が引退するときも松坂さんに電話をしたんですが、『びっくりして言葉がでないよ』と言ってくれて、ありがたかったですね」

「松坂世代」と語り継がれるほど、高校時代からトップで活躍を続けてきた松坂。誰もが憧れるスターとの練習は、当時チームの主力として活躍していた攝津氏にとっても非常に有意義なものだったという。





「練習中もずっと目で追いかけていましたね。独特な自分流の練習法があって、何故そういう練習をしているのかといったことはよく聞いていました。
例えば、キャッチボールをするときも、普通とは反対のセカンド方向を一度向いてから投げていたので、なんでそっちを向くのかと聞いたことがあります。その時は、そのタイミングの方が上体が突っ込まないというか、それで自分のタイミングをはかって投げているといっていました。そういうやり方もあるのかとすごく勉強になりましたね。僕自身も実際に真似して練習に取り入れたりもしていました」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧