矢野阪神 藤浪、糸井がキャンプMVPのトホホ 課題山積みで「期待の若手はどこに?」の声も

タグ: , , , , 2022/3/1

 今季限りで矢野監督の退任が決まっている阪神が28日、春季キャンプを打ち上げた。

 野手MVPに選ばれたのはベテランの糸井だった。今年で41歳シーズンを迎えるベテランがキャンプを通じて、フルメニューをこなすなど元気な姿をアピール。声を出して積極的にチームを引っ張っていく姿勢を見せた。矢野監督は糸井について「フルメニューもやって結果も出して。全員が嘉男(糸井)に尊敬の気持ちを持っていた」と最敬礼。

・今すぐ読みたい→
巨人・正捕手問題 原監督の「ダークホースは慎之助」発言でいよいよ追い込まれる「あの選手」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shinnosukeyamase-dark-horse/


 そして投手MVPに選ばれたのは藤浪だった。プロ10年目を迎える節目の年に、改めて先発直訴をして臨んだ春季キャンプでしっかり結果を残した。対外試合3試合に登板、8回1失点と先発ローテ入りへ猛アピール。特に27日のヤクルトとのオープン戦では最速157キロの直球を軸にテンポ良く投げ、2回1安打無失点と好投。先発ローテ6人目の椅子を確かなものとした。藤浪に関しては矢野監督も「今年はこれで行くんだというのがしっかりありながら、高いところで安定が続いている」と評価した。

 一方で期待の若手が伸び悩んだ現状、チームの抱える課題についてはこんな声もある。





 「本来ならこのキャンプMVPで投手、野手ともに若手の名前が入ってこないこと自体が厳しい。遊撃の中野が出遅れている中、穴を埋めるべく、木浪、小幡といった選手が起用されているが、実戦の守備も含め安定性を示せていない。投手ではスアレスの穴を埋める、勝利の方程式再構築が今季の最重要課題の一つだが、この点についても不安を残している」(球界関係者)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧