【RISE】53kg級トーナメント1回戦敗退の田丸辰「自分の必殺技がなくなった感じ」それでも再起へ向け強い思いを語る

タグ: , , , 2021/7/20

 立ち技打撃格闘技イベント「RISE WORLD SERIES 2021 OSAKA」が18日、エディオンアリーナ大阪で行われた。

今大会の注目は、RISEの53kg級最高峰の布陣揃いで行われた「RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント」。

この階級の初代王者で、今回の優勝候補としても名前が挙がっていた初代RISEスーパーフライ級王者の田丸辰は、1回戦で政所仁と対戦した。

・今すぐ読みたい→
「天が二物を与えた」格闘家 キックボクシング 白鳥大珠特集 https://cocokara-next.com/feature_archive/taijushiratori-feature/

自分にとっての必殺技がなくなった感じ


昨年左拳を痛め、今年の年明けに手術をした田丸にとって、今回実に10ヶ月ぶりの試合。そしてその復帰戦として用意された舞台が、強者揃いの今トーナメントだった。

相手はおよそ2年前に対戦し、自身が判定勝ちをおさめている政所。だが、結果は0-3の判定負け。復活の舞台を白星で飾ることはできなかった。

試合後の会見では第一声

「応援してくれた方やサポートしてくれた方に対して申し訳ない気持ちと、まだまだ自分が甘かったし、弱かったと率直に感じます」

とコメントした田丸。

熱戦から一夜開け、改めて試合を終えた心境を自身のYouTubeチャンネルで語った。

試合後はなかなか眠ることができず、早朝6時まで自身の試合の動画を見ていたというが、改めて今回の試合について、こう振り返っている。

「率直に悔しいし、自分に負けた試合だったと思います。ジムの移籍や怪我もあり、10ヶ月空いた期間が2回あった。その中で、空いた2年間を上手く有効活用出来ていなかったという意味で、試合はできずとも、どれだけ自分が成長できていたのかがわかりやすく目に見えた試合だったなと思います。ただ、ブランクは負けた言い訳にはならないですからね。今後はもう少しコンスタントに試合が出来たらいいなと思います」





今回の試合では、故障明けの左ストレートが上手く作用出来ていない印象にも見受けられたが、その点、田丸は

「左拳に関しては、完治はしていて、練習では打ち込めていたものの、試合になるとどうしても手が出なかった。試合勘もあると思いますが、どうしても、殴ったら痛いというトラウマみたいなものがあったんです。
元々僕自身、左ストレートには自身があって、デビュー戦からそれでダウンも奪っていました。そういった意味で、自分にとっての必殺技がなくなった感じでした」

と、怪我明けで戦う難しさを口にした。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧