「智之は下り坂になっている」巨人・菅野が指揮官から求められた「改善ポイント」とは

タグ: , , , 2022/11/1

(C)CoCoKARAnext

 今シーズンは最後までAクラス争いを繰り広げたものの、4位に終わる結果となった。そんな今年のチーム状況やエース・菅野智之について、巨人で二軍監督や一軍のヘッドコーチとして原監督を支えてきた経験を持つ岡崎郁氏のYouTubeチャンネル「アスリートアカデミア」に原辰徳監督が出演し語りあった。

「なかなかうまくいかなかったね、今年は。監督史上1番悔しいね。1番弱い」

【関連記事】中田翔「生涯巨人」で注目集める、西武・森獲得の「キーマン役」と「4番査定」






 今シーズンをそう振り返った原監督は、思い描いたような結果を残せなかった悔しさを口にした。今年は1位ルーキーの大勢が守護神として活躍し、先発陣でも同3位ルーキーの赤星が開幕ローテーションに入り5勝を挙げるなど、若手の活躍が目立った巨人。原監督も若手の来季に期待しているようで、「一軍デビューはスタートライン。そこから前に行けるか。1年目少々やれたから、来年はもう少しできると思っていたら足をすくわれる」と、あえて気を引き締めさせるような愛のムチを送る場面も見られた。

 若手選手たちの台頭で良いスタートは切れたと手ごたえは感じていたものの、そこから先に進むことは難しかった。中堅からベテランの選手たちがもっと力を発揮しなければいけなかったと感じている様子の原監督は一言、「だらしなかった」と喝を入れた。

 ルーキーに頼らざるを得ないような投手陣の不振が顕著だった巨人には、エース・菅野智之の奮起が必要不可欠だろう。今季は戸郷が12勝を挙げるなどエース級の活躍を見せたのに対して、菅野は10勝7敗と2年ぶりの2桁勝利を記録したもののエースとしては物足りなかった。原監督はそんな菅野のパフォーマンスについて、「智之は下り坂になってるね。良い時から比べると、なだらかな下り坂。これはもう現実。だからここから彼が下り坂になってしまうか、もう一回登っていくか。もう一回叩いて上がる人は上がる。その時期に来ている」と指摘し、もう一度鍛え直す必要があると明かした。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧