「餌の撒き合い、先の読み合いの展開になれば、すごく面白い試合になる」 髙阪剛が『UFC256』の見どころを語る

タグ: , , 2020/12/8

 日本時間の12月13日(日)、『UFC256』がアメリカ・ネバダ州ラスベガスのUFC APEXで開催される。

(写真左より)デイブソン・フィゲイレード、ブランドン・モレノ/Getty Image

 メインイベントは、わずか3週間前、11月22日の『UFC255』でフライ級王座の初防衛に成功したばかりのデイブソン・フィゲイレードが、ナンバーシリーズ2大会連続で出場。同級ランキング1位のブランドン・モレノ相手に2度目の防衛戦を行う。

 この一戦の見どころを、「世界のTK」髙阪剛に語ってもらった。





・今すぐ読みたい→
「また壊れるなら壊れればいいと思っている。怖さはない」堀口恭司が大晦日の朝倉海戦に向けて決意を語る https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-63/

デイブソン・フィゲイレード 写真:Getty Images


――『UFC256』はメインイベントに予定されていた、ピョートル・ヤンvsアルジャメイン・スターリングのバンタム級タイトル戦が延期となり、急きょ、先月フライ級王座初防衛に成功したばかりのフィゲイレードが、わずか3週間のインターバルで2度目の防衛戦を行うことになりました。
「3週間間隔っていうのは、UFCのタイトルマッチとしては最短らしいですね。ただ、フィゲイレードは前回のタイトルマッチもノーダメージだし、短時間での勝利だったので、まだ暴れ足りないんじゃないかな。彼は暴れたいタイプだと思うので、『もっと暴れさせろ』という感じで、連続でのタイトルマッチをやることにしたんじゃないか。そんな気がしますね。」

――また、2カ月連続のタイトル戦となると話題にもなるし、自分自身やフライ級という階級をアピールする意味合いもあるとも見れます。
「それはあると思います。前回、アレックス・ペレス戦での勝ち方は衝撃的でしたし、フライ級というUFCでの最軽量級の戦いに懐疑的だった人たちの認識を覆して、『フライ級、おもしれえな』と思わせた試合だった思うので。だから彼の中では、試合に勝つことはもちろん、自分自身とフライ級というカテゴリーをどうアピールするかということもしっかり考えていて、その二つがちょうどリンクしている状況じゃないかと思います。」

――UFCフライ級は一時、廃止の噂もありました。普通の勝ち方をしているだけじゃダメだ、という考えがあるかもしれません。
「そこまで考えてるんじゃないかな。そういう選手が出てくるっていうのは大きいですね。だからある種、同じ階級の選手からすると、目標でありライバルであるんだけど、心強い存在だと思います。また、『どうやって、あのモンスターを倒すの?』ということを、みんなが取り組むわけだから、フライ級自体のレベルの底上げにもつながるでしょうね。」

——フィゲイレードは4試合連続フィニッシュを含む5連勝中ですが、このところの強さをどう見ていますか?
「試合を重ねるごとに、フライ級の中でのチカラ加減やバランスをつかんでいっている感がありますね。またグラウンドにおいては、自分の得意なところに誘い込むというか、罠を仕掛けて極める能力が非常に高い。あれは本人の持っている才能、センスでしょうね。」

――そして挑戦者のブランドン・モレノも同じく3週間のインターバルの試合で、現在3連勝中です。
「モレノもフィゲイレードとちょっと似ていて、『暴れたいタイプ』ですよね。試合でも、自分からどんどんプレッシャーをかけていって、相手が返してきたところに、もう一歩踏み込んで自分の打撃を当てていくような。リスクはあるけれど打ち合い上等で仕留めにいく戦いをしている。そういう試合を好んでいるのか、自分をアピールするために、リスキーな戦いをしているのかはわかりませんけど、それがいい方向に作用してる選手ですね。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧