【フィギュア】一着○○万円!?中野友加里が現役時代着用の衣装秘話を暴露!

タグ: , 2020/11/18

 フィギュアスケート女子元日本代表の中野友加里さんが、フィギュアスケートを様々な角度からお届けするYouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」。

今月13日に投稿された動画では「衣装編第1弾」として、中野さんが現役時代に着用していた衣装を交え、作成秘話や気になる値段について明かしている。

・今すぐ読みたい→
中野友加里が羽生結弦を徹底解剖!「彼は毎日考えながら生きている選手」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-talks-about-yuzuruhanyu/

華やかな一方で・・・


まずはじめに紹介したのは、2009ー2010シーズンのショートプログラム「オペラ座の怪人」で着用した衣装。白と黒でデザインされた、使用曲にぴったりな衣装だ。

この衣装へのこだわりについて、中野さんはこう語る。

「これはアメリカのアイスダンスをされている方のお母様に作って頂きました。よく見ると、大量のスワロフスキーが散りばめられていてキラキラしているんです。しかも、スカート部分も、レース状になった上に、きちんとスパンコールまでついて気を遣っています。そして袖部分にもこだわりがあって・・・。白と黒の袖なんですが、黒い方が目立つように、ちょっと長くしてあるんですよね。」

広いスケートリンク内で、より華やかに見せるためには、こうした『石』を多くつけ、衣装をキラキラさせることが必要となってくるが、一方で、ある問題が起きるという。

「沢山の『石』が付くと、かなり重いんですよね。軽い衣装で跳びたいなという思いはあるので・・・。」





そして気になる値段についても公表。

「デザイン料込みで、当時の日本円で大体30万円くらいだと思います。石の量でちょっと値段が変わってくるんじゃないかなとは思います。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧