【後編】あなたは大丈夫!?筋トレの効果を減らす可能性のある5つの行為

タグ: , , , , , 2022/12/5

 無駄がなくわかりやすいと、筋トレマニアから大絶賛されている、筋トレ歴実に30年の筋肉博士こと山本義徳さんのYouTubeチャンネル「山本義徳 筋トレ大学」。

今回は、前回に引き続き筋トレの効果を減らす可能性のある5つの行為について、残りの3つをご紹介します。

【筋トレ動画】これをやってしまっている人は今すぐやめてください。筋トレの効果を減らしてしまう5つの行為






インターバルが短い

トレーニングとトレーニングの間のインターバルが短いというのも問題に挙げられます。

昔は1分くらいのインターバルでどんどん筋トレをおこなった方が成長ホルモンが出るため良いと言われていましたが、実はそんなによくないということが、色々な研究から言われています。

目安として、3~5分ほどインターバルをとるようにしてください。

しっかりと回復させてから次のセットにうつる。その方が、筋力も筋肉量も増えてくるということが多くの研究からわかってきています。

ただ、ダイエットをしたいという場合でしたら、1分くらいのインターバルでどんどん行うというのも一つの方法です。

心肺機能を高めたり、有酸素的な効果もありますからね。

筋力や筋肥大を伸ばしたいという方はしっかりとインターバルをとって休ませてから次のセットにうつるようにしてください。

種目の相性を考えない

例えば腕を太くしたいという場合、二頭、三頭をできるだけ重い重量でやるため、できるだけフレッシュな状態でおこなうということが大切になってきます。

なので、上腕二頭筋を鍛えたい人が、背中のトレーニングの後にする場合、背中のトレーニングで上腕二頭筋が疲れてしまって重い重量で腕を鍛えられなくなってしまいます。

つまりトレーニングを行う前にどの部分を重視して鍛えたいのかをしっかり理解しながら進めることが大事となります。たとえば腕を太くしたい場合は、胸筋などできるだけ違う筋肉を使う種目と組み合わせると良いでしょう。

そして、特に鍛えたいところは、完全休養の次の日に行うと良いです。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧