その不調、本当に夏バテ?男性更年期のシグナルである可能性も

タグ: , , 2024/7/10

 毎日暑い日が続きますが、夏バテで体調を崩していませんか?
その夏バテ、もしかすると暑さではなく「更年期」からきているのかもしれません。

今回は、「男性更年期」をテーマに、夏バテとの違いや、セルフケアについてもご紹介します。

【関連記事】「隠れ夏バテ」になってませんか?猛暑のだるさや疲労感から解放される3つの方法






1.その夏バテ症状、男性更年期の可能性も

夏バテと男性更年期の症状は一見非常に似ていますが、原因が異なります。

夏バテとは、室内外の気温の温度差により自律神経のはたらきが乱れ、倦怠感や疲労感、食欲不振、寝不足などがあらわれる不調です。

一方、男性更年期は、男性ホルモンのテストステロンが減少することで起こります。テストステロンが低下する原因は、加齢のほか、肉体疲労、精神的なストレスなどさまざまです。

夏バテと思い込んで放置すると、男性更年期が悪化してしまう可能性もあります。

続いては、夏バテと男性更年期を見極めるポイントについてご紹介します。

2.夏バテと男性更年期を見極めるコツ

まずは、しっかりと夏バテ対策を行いましょう。

夏バテの代表的な原因のひとつはエアコンです。からだの冷やしすぎは要注意。室内との温度差が5度以上になると夏バテしやすくなる(※1)ので、できればエアコンの温度は26~28度程度に設定しましょう。

また、生活リズムを整えて適切に休息をとることでも夏バテ対策になります。十分な睡眠をとり、早寝早起きの規則正しい生活を続けることで、自律神経も整います。

こうした対策を行っても効果が出ず不調が続く場合は、男性更年期の可能性が。男性更年期は、泌尿器科で血液検査をすればすぐに診断できます。もし男性更年期の疑いがある場合は、なるべく早いうちに病院を受診しましょう。

「フィットネス」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧