「ぽっこり」は内臓脂肪が原因かも。お腹まわりを凹ませる2つの生活ポイント

タグ: , , 2021/7/4

[文:あんしん漢方]

「おなかだけがぽっこり出ている」
「おなかをへこませているつもりだけどウエストがきつい……」

そんなお悩みはありませんか? もしかしたら、へこまないおなかの原因は内臓脂肪が増えているからかもしれません。内臓脂肪が増えると見た目が悪くなるだけではなく、さらに太りやすくなる可能性もあるといわれているのです。

そこで今回は、内臓脂肪を減らす運動と生活のなかでできるポイントをご紹介します。簡単にできることばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

・今すぐ読みたい→
お腹まわりの浮き輪肉がみるみるすっきり!簡単で効果的なダイエット法 https://cocokara-next.com/fitness/easy-and-effective-diet/

1.内臓脂肪とは?


体脂肪は大きく以下の2種類に分けられます。

・皮膚の下にあるの「皮下脂肪」
・おなかの中の腸の周りにあるの「内臓脂肪」

皮下脂肪はゆっくりと蓄積され、いったんついてしまうと減らしにくい面があるとされますが、内臓脂肪は付きやすいけれど落としやすいという特徴があるといわれます。

内臓脂肪は生きていくうえで重要な貯蔵エネルギーでありますが、多くなりすぎるとホルモン分泌異常を起こすことが知られています。このことが、さらなる肥満を招く原因となります。

たとえば、食欲を抑える働きをするレプチンというホルモンは、通常であれば脂肪が増えると分泌量が増えて食欲を低下させ肥満を防いでくれるといわれます。しかし、内臓脂肪が増えすぎるとレプチンの分泌量が増えても食欲が治まらず、食べ過ぎる、太りすぎるということが起こりやすくなるとわかっているのです。





2.内臓脂肪を減らす運動はコレ!

エネルギー源として使いやすい内臓脂肪を減らすためには、体を動かし消費エネルギーを増やすことをおすすめします。目安は以下のとおりです。

<内臓脂肪を減らす運動の目安>
・中強度の有酸素運動
・30~60分/日
・3日/週~

中強度の有酸素運動とは、やや早めのウォーキングや通勤・通学での自転車、ゆっくり上がる階段などにくわえ、掃除機をかけたり、洗車したりという日常生活も当てはまります。運動の種類によって効果に差はないので、楽しく長く続けられるかを重視しましょう。

また運動時間はまとめて確保しなくても大丈夫。まとめて30分運動したときと、10分を3回に分けて運動したときでは効果は変わらないことがわかっています。体力や環境に合わせてご自身のスタイルを作り上げましょう。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧