運動嫌いでも続けられる!ウォーキングで-3kgを目指すコツ

タグ: , , 2024/5/24

 有酸素運動のひとつであるウォーキングは、健康的な生活やダイエットに効果的といわれています。歩くことは心肺機能を向上させ、筋肉強化・カロリー消費を促進するため、ダイエット効果が期待できます。

今回は、運動が苦手な方も簡単に続けられるウォーキングのコツについてご紹介します。

【関連記事】「毎日30分ランニング」のダイエット効果は?

1.ウォーキングを習慣にするメリット3つ

ウォーキングにはさまざまなメリットがあるといわれています。以下に詳しくご紹介します。

1‐1.ダイエット効果
有酸素運動であるウォーキングをすることで、体内の脂肪酸が分解され、エネルギーとして利用されます。このプロセスを「脂肪燃焼」といい、ウォーキングを行うことで、体脂肪や内臓脂肪を減少させることが期待できます。

1‐2.生活習慣病予防
運動不足は高血圧や糖尿病、肥満などのリスクが高まり、心筋梗塞や脳卒中などの疾患につながる可能性があります。適度な有酸素運動であるウォーキングは、心臓や血管へあまり負担をかけずに筋肉を活性化できるため、生活習慣病予防にも効果的だといわれています。

1‐3.メンタルケア効果
ウォーキングは、体内のストレスホルモンであるコルチゾールを減少させるといわれています。また、適度な運動によりからだの緊張が解消され、リラックス効果も期待できます。
(※1)(※2)





2.ウォーキングを継続するコツ

ウォーキングは長期的に継続することが大事です。そこで、継続するためのコツをご紹介します。

2‐1.目標を持つ
目標を設定することで、モチベーションを上げることができます。「毎日30分以上」「週に3回」など、自分に合った目標を設定してみましょう。

ただし、初めから無理な目標を立てると継続できない可能性があるので、徐々に時間や距離を増やすことをおすすめします。

2‐2.「ついで」ウォーキングをしてみる
「通勤のついで」「買い物に行くついで」など、ウォーキングを別の目的とセットにすることもおすすめです。

家を出てしまえば、その目的のために歩かないといけません。ウォーキングを習慣化できる自信がない方は、この方法から始めてみてください。

また、好きな音楽を聴いたり、美しい景色を見ながら歩いたりするのもいいでしょう。

「フィットネス」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧