妊娠中のお酒はNG!赤ちゃんへの影響と理由、おすすめの飲み物も紹介

タグ: , , 2022/6/30

 妊娠中のお酒はダメとは聞いたことはあるものの、「飲むことでどのような影響があるのか?」また「一口くらいなら良いのでは?」などと、知らないこともたくさんありますよね。妊娠中は、たとえ一口であってもお酒はNG。今回はお酒がダメな理由や、お酒の代わりにおすすめできる飲み物などについてご紹介します。

【関連記事】カフェインだけじゃない!妊娠中の『飲みもの』選び方

妊娠中のお酒がNGな理由

妊娠中に飲酒することにより、胎児発育不全、顔面などの奇形、脳委縮、低体重など、赤ちゃんへの影響がある可能性が知られています。これらを胎児アルコール症候群といい、治療法はなく、妊娠中に飲酒しないことが唯一の予防策です。

また注意したいのは、妊娠中のどの期間でもあっても、また少量であっても影響する可能性がある点です。「ちょっとなら大丈夫」などと周りから勧められたとしても、口にしないようにしましょう。





お菓子などに使われるお酒も要注意

飲酒を控えるほかにも、お菓子などに使われるお酒にも気をつけましょう。チョコレートや焼き菓子などにリキュールが使われる場合もあり、気付かないうちにアルコールを摂取してしまう恐れがあります。

「お酒が入っています」などとパッケージに記載されているお菓子もありますが、実は菓子類にはお酒の表示義務はありません。普段食べ慣れないお菓子を食べるときは、原材料の欄を見てお酒が入っていないか確認して食べるようにすると安心です。

なお、料理に使う料理酒やみりんは、加熱するとアルコールが飛ぶため使用しても心配ありません。しっかり加熱するようにしましょう。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧