千葉ロッテ・現役コーチから学ぶ「ジュニアのための野球トレーニング」

タグ: , , 2019/10/26


 子どもの頃、どのような練習をどれぐらいしたかは、将来に大きな影響を与えるといっても過言ではありません。怪我をしない強靭な身体をつくり、長くスポーツを楽しむためにも、その競技特性に合わせたトレーニングをすることが、とても大切です。

プロ野球・千葉ロッテマリーンズでコンディショニングディレクターをつとめる楠貴彦コーチに、ジュニア・マリーンズ(小学5年生・6年生対象のチーム)でも実践しているトレーニングを教えていただきました。

今回は導入編として、「トレーニングコンセプト」をご紹介します。

・合わせて読みたい→
プロ野球・美人チアも実践!「美ボディ」づくりの簡単トレーニング【その1】(https://cocokara-next.com/fitness/easy-training-by-marines-cheer-performer-01/)

地面を正しく強く【蹴る】動きを身体に覚えさせる

ジュニア・マリーンズのトレーニングメニューは、「野球の動作」から必要なものを考え取り入れています。その基本となるのが、「野球の動作は、下半身の動きで地面から力をもらい、上半身へ力を伝える」というものです。

(c)千葉ロッテマリーンズ

(c)千葉ロッテマリーンズ

野球の場合は、投手でも打者でも、身体機能と力の連携能力、爆発的な力を発揮することが求められます。そのためには、地面を強く蹴る動きがとても重要で、子どもの頃に、この基本の動きを、正しく身に着ける必要があると考えています。

(c)千葉ロッテマリーンズ

(c)千葉ロッテマリーンズ

(c)千葉ロッテマリーンズ

(c)千葉ロッテマリーンズ

(c)千葉ロッテマリーンズ

しかし、身体の出来上がっていない子どもにとって、過度なトレーニングは怪我の原因にもなりますの、注意が必要です。次回は、適度な負荷で、野球の動作にも効果を発揮する、ジュニアにおすすめのトレーニング方法をご紹介します。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

楠 貴彦(くすのき・たかひこ)

千葉ロッテマリーンズ コンディショニングディレクター兼育成統括
1977年6月12日生まれ、大阪市住之江区出身。大阪学院大高〜アラバマ大学。2006年よりトレーニングスタッフとして千葉ロッテマリーンズに入団。一軍トレーニングコーチを経て、現在はメディカル、トレーニング、育成部門を統括する職に従事する。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧