知って得する!こってり料理をヘルシーに作るコツ

タグ: , , 2019/6/20

ハンバーグをヘルシーに作るには

 ハンバーグのカロリーダウンのポイントは、使う油の量を控えることと、材料の選び方です。

油の量を減らすコツ
みじん切りにした玉ねぎを耐熱容器に入れ、ふんわりとラップをしてから電子レンジで温めると簡単に炒め玉ねぎがつくれます。玉ねぎ1個分だったら2~3分ほどの加熱が目安です。
たとえば、油大さじ1を使わずにこの方法で炒め玉ねぎをつくると、約111kcalのカロリーオフになりますよ。

お肉選びのコツ
ハンバーグといえば合い挽き肉ですが、実は意外と高カロリー。
なるべく白い脂の少ない部位の挽き肉を購入するか、自宅で赤身肉を細かく刻んで使うとカロリーダウンが可能です。

たとえば、合い挽き肉(牛:豚=7:3)100gは261kcalですが、牛もも赤身70gと豚もも赤身30gを使って調理すると、142kcalにまでカロリーを落とせます。

材料置き換えのコツ
お肉の量を半分にして、その分、水切りした木綿豆腐をプラスしてみてください。
合い挽き肉(牛:豚=7:3)50gは111kcal、木綿豆腐50gは36kcalなので合計147kcalとなり、合い挽き肉だけを100g使うより76kcalダウンができます。

赤身肉と豆腐のハンバーグにした場合は107kcalで、さらにローカロリーに。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧