40代パパの高血圧予防。知っておきたい血圧を下げる食事ポイント

タグ: , 2019/7/24

[記事提供:食の専門家による出張料理サービス「シェアダイン」(https://sharedine.me/)]

高血圧予防のポイントは減塩!

 血圧が高い場合、1日の塩分摂取量を6g未満に制限するのが理想ですが、現在日本人の塩分摂取量は約10g。6g未満というのはなかなか難しいものです。しょうゆやソースなどの量を減らすだけではなく、料理に一工夫することがポイントです。

食材にひと工夫!


なるべく新鮮な食材を使う

新鮮な魚やとれたての野菜は、調味料をたくさん加えなくても薄味でおいしく食べることができます。

塩分の高い加工食品を避ける

梅干し(大)は1個約2gの塩分が、魚肉ソーセージ1本には約1.5gの塩分が含まれています。漬物、練り物、缶詰、ハム、ソーセージなどの加工食品は製造の過程で塩分が多く使われているのです。

主食はパンや麺よりもごはん

塩分含有量ごはんには塩分が含まれていませんが、パンや麺類には食塩が含まれています

・合わせて読みたい→
知ったら買いたくなる!夏野菜の赤パプリカが超使える理由(https://cocokara-next.com/fitness/red-paprika-of-summer-vegetables/)

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧