中大卒のバレー柳田・弟、商社内定を蹴り欧州リーグ挑戦へ きっかけは「海外で働きたい」?

タグ: , 2019/5/23

185㎝の大型リベロ プロバレーボール選手 柳田貴洋 ―①日本代表経験はゼロでも世界へ挑戦―

 2018年12月。当時、中央大学バレーボール部のキャプテンだった柳田貴洋が、プロ宣言した。柳田貴洋は、中・高・大学の各世代では、輝かしい実績を残しているが、日本代表経験はない。海外では無名の選手が、バレーボールの強豪国が集まるヨーロッパのチームへの加入を目指し、動き出した。

 ココカラネクスト編集部では、2019年5月、プロ1年目を迎える柳田貴洋にインタビュー、想いを聴いた。

兄の背中を追いかけて


「4歳上の兄が練習する体育館に行って、ボールを触っていました。それがバレーボールとの出会いです」

「インタビューはまだ慣れない…」と、照れ笑いしながら話す、柳田貴洋。兄は、バレーボール全日本男子代表の柳田将洋である。

 柳田貴洋は、小学1年生からバレーボールを始め、スポーツの名門、駿台学園中学へ。1年生からスタメンで活躍し、全日本中学バレーボール選手権で3連覇。さらに、2・3年生の時には、ジュニアオリンピックカップの選抜メンバーとしてプレーし優勝。

 東洋高校では、インターハイ準優勝、高校選抜にも選ばれる。進学した中央大学でも、1・2年生は優勝、3年生は3位、4年生はベスト8という結果を残し、各世代では、キャプテンも務めた実績を持つ。

・合わせて読みたい→
アメリカで培った堀口恭司のコミュニケーション能力 海外挑戦する日本人アスリートの実状(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-05/)

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧