雰囲気イケメンになるためには○○が必要?!

タグ: , 2020/1/16

[記事提供:婚活の新しいカタチ。シルヴァ結婚相談所(https://cilva.net/)]

 このコラムは前回の以下のコラムの続きになります。当コンテンツは一般社団法人日本モテ男協会のご協力により事例提供させていただいております。

・今すぐ読みたい→
【モテない言い訳】品位・知性・コミュニケーションについてこんな言い訳をしていませんか?(https://cocokara-next.com/motivation/unpopular-excuse/)

婚活に失敗し続けている男性について、前回のコラムで言及させていただきましたが、「どうもピントがずれている」というところがあると思います。品位がないということに対して、自分には「品位がある」と言うことの根拠として、ご自身のご先祖のお話をされました。

そこじゃないですよね。

一般的に男性は、プライドが高いです。したがって何かを指摘すると「怒り」を覚え、「言い訳」を考えます。なので、結婚相談所のカウンセラーはアドバイスについてとても慎重になります。アドバイスを聞ける姿勢、受け入れられる素地ができている人は、成功するのです。実は女性もしかりです。何かを指摘すると、自己否定されたと考えられ、怒りを覚えられ攻撃する方もいらっしゃいます。

できるだけ、固定された価値観を捨て、プライドを捨てることが、婚活には大事になります。異性からの「お断り」のフィードバックがとても大事になりますし、そのフィードバックを活かすには、アドバイスを受け入れられる姿勢が大事です。

知性についてのアドバイスと言い訳


知性については、様々な要素に絡んできます。例えば、「固定されすぎた価値観では、相手を不愉快にさせる」という原則がありますが、そういった考え方を理解し、具体的な会話や態度、行動に活かせるのかどうかというのも知性になります。

「会話のバランスが大事」という原則があれば、できるだけ相手のお話を聞き、それを掘り下げてお話していくと、異性の心に響くということを理解する力であり、具体的な態度や行動に落とし込む力です。

また、指差しや肘つきなどの美意識を「意識する」ことも知性だと考えます。

その力のが知性というのではないでしょうか。

女性:
「お相手様を不愉快にさせない会話、態度、行動などを理解することがとても大事で、それを理解し具体的な行動に落とし込む力が知性になります。「気づき」と言ってもいいかもしれません。そういった「気づく力」を磨いていく必要があります。」

知性という単語を出してしまったばかりに・・・

知性という単語を出してしまったことで、バカにされたと思われたと思います。これは私どもの失敗です。ただ、この事例の男性の場合、知性=偏差値と考えられたようです。以下のような返答がありましたが、実際の文章や言葉は、とても雑で読むに耐えないほど、知性がなかったのを記憶しています。改変してわかりやすく表現します。

男性:
「私は高卒ですので、大卒の方は言葉には出しませんが、態度で私をバカにしています。学歴もバカにしているでしょう。今回お見合いした女性も、大卒で文系アピールしていましたよ。給与が良いのは時代のせいにしていましたが、実際には私自身の実力です。私の前の会社では、(有名大学を羅列・・・・)それらの大学以外は、高専や短大と同じように差別されます。その前の会社も博士号や国立大学以外は相手にされません。派閥もありますが、それ以外の学歴は相手にされず、役職も昇格登用もされないのが実態です。」

なぜ、このような話になったのか理解に苦しみます。相手の女性は学歴は気にしないということでお会いされたと思います。女性がどんな学校を卒業したのかという話をしたことが気に障ったのでしょうか。

知性が偏差値の話に置き換わることに、知性の欠如を感じてしまいますが、余計な話も多いです。今やレジェンドで世界の負け組メーカーの昇格問題にも言及。自分の居場所はなかったのでしょうか。給与が良いと書いておられますが、実際のプロフィールを見ると、意見が別れるところかと思います。話が通じないという現象です。

したがってアドバイスはここで終了した方が無難であると判断しました。私どもとしてはストップするつもりが、しばらくして以下のような連絡がありました。

男性:
「女性は大学の文系を卒業されていることから、文章を書くのが得意だとアピールし強調されていましたよ。私は抑えていたのですが、女性に上昇志向のないところについてだけは、許せませんでした。今の会社の社員も同じで、それで向きになって女性に指をさして話していました。

その都度『やめてください』とジェスチャーされましたが、数回指をさして上昇志向がないと言ってしまいました。

彼女でもないのに、アドバイスなんて上から目線で、ムキになってしまったのは大人気なかったと反省した次第ですよ。では、報告は以上です。」

女性も嫌だったことでしょう。上昇志向がないとは、誰が決めつけたのでしょうか。決めつけて、判断して、マウンティングして不愉快にさせる。原因は、女性が大卒アピールをしたと感じてプライドが傷ついたからでしょうか。

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧