西武・外崎が脱臼も平然と応急措置→即復帰 サッカー、バスケ、相撲等の脱臼の事例は?

タグ: , , 2019/4/13

 指があらぬ方向に曲がっている…。

 見ている方が痛々しいケガを負ったのは、プロ野球・西武の外崎修汰内野手(26)。12日オリックス戦(メットライフドーム)の7回、けん制球で一塁に帰塁する際、ベースに右手小指を突いて脱臼した。テレビで流された映像には、第2関節から先の小指が反対方向、外側に向かって折れ曲がっていた。


 通常なら、交代の場面。外崎は違った。治療のためにベンチ裏に下がると、自分で脱臼した指を元の状態に戻したという。テーピングをしてわずかな時間でグラウンドに戻り、フル出場。9回には先頭打者で四球を選んで決勝ホームを踏み、チームに今季初のサヨナラ勝ちを呼び込んだ。

「(痛みは)突き指くらい。突き指かなと思ったら曲がっていた。脱臼は高校の時に1度やったことがあるので、大丈夫だろうなというのはあった。バスケットボールをやっていた母が応急処置の方法を知っていて、指を引っ張ったら入るよと言われて(高校時代に)やりました。今回はそのときより簡単に入りました」と、平然と言ってのけた。

 FA移籍した浅村の抜けた二塁を定位置にしているが、内外野をこなし、侍ジャパンでも貴重なユーティリティープレーヤー。実家が青森のリンゴ農家であることから「アップルパンチ」の愛称で知られるが、新たに「鉄人」の称号も加わりそうだ。

 脱臼は癖になることがあり、経験者は自分なりの応急処置の方法も知っているから、慌てない。左肩の脱臼癖があるロッテ細川亨捕手もその1人。西武時代の08年、9月24日ロッテ戦で死球を受けたベニーが暴走し、止めに入った細川が投げ倒されて脱臼した。当時の試合後コメントがおもしろい。「脱臼は古傷なんでいいんですけど、それよりベニーに投げられたことが悔しい。高校時代は、柔道部にも負けたことがなかったんですよ。奥エリをつかむようにユニホームをつかんで踏ん張ったけど、見事に『払い腰』一本やられましたね」。周囲の心配など、どこ吹く風。『慣れ』がそうさせるのか、外崎同様に全く大ごとと捉えていなかった。

・合わせて読みたい→
「イップス」になりやすい人とは?イチローも経験、克服に掛かった時間は?(https://cocokara-next.com/stress/person-to-become-the-yips/)

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧