「毎勤統計」インチキ調査 アベノミクスまで『偽装していた』安倍政権のデタラメ

2019/1/28

 安倍首相の外遊詰め込みで先延ばしにされてきた通常国会が28日、ようやく召集された。野党が安倍政権追及の矛先にしているのが、厚労省の毎月勤労統計をめぐるインチキ調査問題だ。アベノミクスを「偽装」する意図があった疑いが強まっている。24日に衆参両院の厚労委員会で行われた閉会中審査で、厚労省が委託した外部有識者による特別監査委員会の中間報告がお手盛りだったことも発覚。安倍政権が火ダルマになるのは必至だ。

・合わせて読みたい→
2島どころかゼロ返還…完全破綻した「外交の安倍」とプーチンの思惑(https://cocokara-next.com/topic/japan-russia-diplomatic-issue/)


 毎勤統計をめぐるインチキ調査が始まったのは、小泉政権時代の2004年。本来は全数調査すべき「500人以上規模の事業所」について、都内計約1500事業所のうち、3分の1程度しか抽出調査をしてこなかった。

 ところが、18年1月分からデータ補正を開始。調査結果を「3倍」にして全数調査に近づける不正処理を始めた。その結果、現金給与総額(名目賃金)はグーンと上昇。それが不正発覚後の再集計ですべて修正された。18年1~11月の伸び率はすべて縮み、最大で0・7ポイント下方修正。厚労省が当初、21年5カ月ぶりの伸び率だと説明していた18年6月の「3・3%増」は「2・8%増」に、4月は「0・6%」が「0・2%」に縮み、ぎりぎりプラスという結果だった。

 怪しさぷんぷんなのが、厚労省が不正なデータ補正を始めたタイミングだ。安倍首相が17年10月の経済財政諮問会議で「3%の賃上げが実現できるように期待する」と異例の数値目標に言及し、同年12月の経団連審議委員会では「ズバリ3%以上の賃上げをお願いしたい」とさらに踏み込んだ直後だった。デフレ脱却、賃金アップを掲げるアベノミクスの成果を喧伝するために、分かりやすい数字をそろえる必要に迫られていたのだ。その頃の足元の数字は惨憺たるもの。17年の実質賃金指数は平均で前年比マイナス0・2%だった。

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧