1年3カ月ぶり日韓首脳会談も肩透かしか…「輸出管理政策対話」日韓それぞれの思惑

タグ: , , 2019/12/8

 韓国の文在寅政権がGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄を撤回し、対韓輸出規制を不服とするWTO(世界貿易機関)への提訴プロセスを中断したことで、日韓の歩み寄りが始まった。中国・成都で開催される日中韓首脳会議(23~25日)のタイミングで、1年3カ月ぶりとなる日韓首脳会談を調整。それに先立ち、日韓両国の局長級協議である「輸出管理政策対話」の16日実施が決まった。4日にウィーンで開いた局長級準備会合で日韓が合意。対話は約3年半ぶりで、7月の規制発動以来初めてだ。

「協議」ではなく「対話」の場に


 「貿易管理当局の産業通商資源省は輸出規制の撤回を目指し、規制発動前の7月以前の状態に戻す協議にすると意気込んでいます。半導体材料の3品目の輸出規制を撤回や、輸出優遇国の『グループA』(旧ホワイト国)への引き上げに向けた話し合いの場とし、韓日首脳会談につなげたいといいます」(韓国メディア関係者)

 一方の安倍政権は「輸出管理政策対話」を「協議」ではなく「対話」の場とする姿勢を崩していない。経産省は議題について、軍事転用可能な製品・技術を国外に流出させないための輸出管理体制の運用状況と、こうした技術を手に入れようとする海外の情勢などになるとしている。

・合わせて読みたい→
韓国に「断交」を求める過激な声も 元徴用工訴訟で日韓関係は歴史的局面に(https://cocokara-next.com/topic/japan-southkorea-relations-are-historical-aspects/)

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧