「リアル・三井寿」2試合連続の30得点 新体制が噛み合い始めた71年目の名門チーム7連勝で3位浮上

タグ: , , , 2018/11/5

〇三河 91 ‐ 72 富山●
(三河通算成績 7勝5敗)

 シーホース三河・金丸晃輔、圧巻の3Qだった。相手の富山ディフェンスがダブルチームで集まっても関係ない。むしろ、上手くさばく。終わってみれば、前日の31得点を超える33得点を決めた。

・合わせて読みたい→
理不尽な状況下でも冷静さを保つ秘訣「リアル・ミッチー」(https://cocokara-next.com/motivation/real-mitchi-coolness-secret/)

 後ろに飛んでも、斜めに飛んでも3ポイントを決めるその姿は、漫画「スラムダンク」に登場する「ミッチー」こと三井寿に重なる。本人は「僕自身は自分の事を3ポイントシューターだとは思っていないんですよ」と言うが、初代3ポイント王を獲得したその技術は間違いなく世界クラスだ。

試合は、後半オフェンスが爆発した三河が91–72で富山に圧勝。7連勝で3位に浮上した。
エース・金丸は2日連続で8本の3Pシュートを決める大活躍で、自身の個人通算2,000得点達成に華を添えた。

 今季から新加入の元NBAのジェームズ・サザランドも24得点の他、ゴール下で富山の巨漢ジョシュア・スミスとの競り合い、シュートブロックと躍動した。

鈴木喜美一ヘッドコーチは、開幕5連敗の時と7連勝した今の違いを問われると「オフェンスがチームでやれるようになった事」と答えた。
 比江島慎、橋本竜馬が移籍で抜けた今季、開幕当初は金丸に相手チームのマークが集まり、思うようなプレーができなかった。金丸-サザランドと言うリーグ屈指の攻撃オプションが出来上がった今、次は対戦相手がどのような対策を講じて来るかが次の壁になりそうだ。

 71年目の名門チームの挑戦は始まったばかり。

コートの外でも大盛り上がり

 11月最初のホームゲームのテーマは、11月3日の「文化の日」にちなんで「文化祭 『BURN』KA-SAI」。
コートの外では前日に続き、入口の横ではペインターのNOVOL氏が迫力あるライブペイント パフォーマンスで桜木選手を描き上げ、来場者の目を奪った。アリーナでは名古屋市中区若宮を拠点に活動するよさこいパフォーマンス『心纏い』が笑顔溢れる演舞でシーホース版「文化祭」を盛り上げた。

1Q 三河18–11 富山


金丸 12得点 好調をキープ

スターティング5は、#5バッツ、#14金丸、#24加藤、#32桜木、#46生原。

リングにアグレッシブにアタックする富山をタフなディフェンスで凌ぐと、昨日の好調を維持する#14金丸が3Pシュート2本を含む3連続得点をマーク。#32桜木のファストブレイク、#0サザランドの連続得点で突き放す。終了間際には再び#14金丸が体勢を崩しながらもリングを撃ち抜き、1Qを締めくくった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧