クリケッター・木村昇吾 競技歴2か月半で日本代表に選出

タグ: , , 2018/3/23

代表選考会で強打をアピールし、吉報届いた


 日本クリケット協会が男子日本代表強化選手団の20選手を発表し、プロ野球からクリケットに転身した木村昇吾も選出された。代表選考会は17、18日に栃木県佐野市の佐野河川敷クリケットグラウンドで行われ、41人が参加。木村はノーバウンドでバウンダリー(野球のフェンス)を超える6得点を連発するなど打撃で強打をアピールした。プロ野球での現役続行を諦めて今年1月からクリケットを始めて競技歴はまだ2か月半。野球で叶わなかった初の日の丸をつける名誉に、「まだまだ始まったばかりですが、選んで頂き光栄です。このチャレンジを応援してくれる方々に感謝し、さらにレベルアップして日本代表に貢献していきたい」と気持ちを新たにしていた。

■編集部からのお知らせ
3月7日に発売の雑誌「CoCoKARAnext」では読売ジャイアンツ・菅野智之投手のインタビューの他、プロ野球選手に学ぶ仕事術などストレスフルな時期を乗り越える情報を掲載。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部 平尾類]

木村 昇吾(きむら・しょうご)

1980年4月16日、大阪府生まれの37歳。尽誠学園で3年夏に甲子園出場。愛知学院大に進学し、遊撃手でベストナインを5度獲得するなどリーグ通算打率・318、5本塁打。02年ドラフト11位で横浜に入団。07年オフに広島にトレードされ、11年は遊撃のレギュラーをつかみ、自己最多の106試合出場で37犠打をマーク。15年オフにFA権を行使したが移籍先が難航し、西武にテスト生で入団。昨年限りで戦力外通告を受け、クリケットに転身。インドのプロリーグでの活躍を目指す。あずさ夫人と子供は1男2女。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

おすすめコラム

人気タグ一覧