日常生活で頭をスッキリさせて小顔に!仕事が忙しい人は頭や顔のむくみや歪みに気をつけて

タグ: , , , , 2018/3/24

理学療法士なのに小顔サロンで社会に貢献

 仕事が忙しくてなんだか頭がスッキリしないという人は要注意。頭や顔のむくみや歪みには原因があります。でも、大丈夫です!「日常生活での左右差に気づく」ことで意識してバランスを整えれば、頭がスッキリするどころか、小顔にもなっているのだ! 今回お聞きした理学療法士の吉田圭吾は姿勢分析を含めた運動器へのアプローチと頭蓋の調整を主眼においてサロンで実施しています。 シリーズでお伝えしていきます。

頭がスッキリするために、日常から気を付けるべきことはありますか?


 お顔のマッサージやいろんなエクササイズがあると思うのですが、まずやらないですよね。自分の弱点やする必要性を感じないとセルフケアは続けることが難しいのです。なので、まずは「気づく」ことが大事かなと思っています。

 自分の下あごの左右差だったり、鼻の向きだったり、目の開けやすさだったり、頬の高さの違いだったり、そういったことに気づくことが重要なポイントかなと。そこから日常生活内の動作での左右差や偏りを知ってもらうことです。例えば、気が付けばいつも右手で頬杖をついていたり、座るときはいつも浅く腰かけて猫背になっていたりなど。

気づいた段階で、どのように改善すれば良いのでしょうか?

 お顔がズレていることに気づいたら、日常生活の中で、左右差を埋め、偏りを減らします。例えば、足の組む方向が均等じゃない人は、骨盤が歪んできて、肩の高さも変わってきます。猫背になっている人は、棒状腱膜が緩んでしまって、皮膚が垂れてきてしまう。左右差や姿勢を気にしていくことがポイントです。

 特に、スマートフォン。右手だけで握っていると、大胸筋までつながっているので、右の筋肉ばかり収縮するので、首を引き下げたりだとか、お顔のたるみに繋がったりとか。なので、左右均等にスマホを使うようにするのが、頭をスッキリさせ、結果的に小顔効果になります。こういった筋膜連結についてのお話もさせていただきます。

日常生活で頭をスッキリさせるコツは洗髪と鼻呼吸!

 簡単な方法であれば洗髪です。頭の洗い方。毛根だけでなく、頭皮まで揉み込むことによって、薄毛の予防にもなりますし、前頭部から生え際に上げるようにしたり、手をクロスして、側頭筋を上げてみたり。下から上に親指でグーっと上げていくとか。

 髪の毛を洗うよりは頭皮を洗うという意識であれば、たるみのリフトアップができます。マッサージをする時間を作るよりは、日常生活とリンクさせるほうが続けるのには良いかなと。

 さらに、もっと簡単な方法は、鼻呼吸を定期的にすること。鼻は呼吸器の始まりとなり、いい空気を脳に送ってくれたり、嗅覚の影響で脳を活性化してくれたり、いいことだらけです。一方、口呼吸はデメリットが多く、筋肉の活動が少なく、口元やあご下のたるみなどお顔の悩みにも大きく影響しますし、乾燥やバイ菌を吸い続けることで風邪や虫歯になりやすいことが挙げられます。

睡眠不足にも関係はあるのですか?

 あります。脳にはリンパ節と同じような組織があるということが2年前の研究で明らかになったと言われています。どうやって頭蓋内にサイクルさせているかというと、脳脊髄液というものを還流させることによって、老廃物を流します。これが睡眠時しか動かないとされているので、睡眠時間が短い人やバリバリ働いている人は、交感神経優位で頭がパンパンになるのです。とくに経営者は要注意。飲み会、接待、会食でさらに睡眠不足だとなおさら。骨格を調整するというよりは、頭蓋内の老廃物を流すことによって、小顔になります。ヘッドスパなどをすれば、目が開いてくるのはそういう理由でもあります。頭から垂れ下がっている表情筋を上げるという働きと、重たい頭をすっきりさせるという両者の働きが挙げられます。

理学療法士なのに小顔サロンを開院した経緯

 幼少期から高校生までは、サッカー漬けの毎日で、高校時代に自身の怪我をきっかけに医学の道に進みました。2007年に森ノ宮医療大学に入学し、当初は脳や神経の分野に興味がなく、手足のことばかり勉強していたのですが、大学2年生の頃、父親の病気(クモ膜下出血)をきっかけに脳に夢中になりました。またそこで初めて頭蓋の治療に出会いました。4年間の学務を経て、2011年4月に理学療法士資格を取得すると同時に一般病院での理学療法士としての勤務が始まりました。急性期から慢性期における段階的なリハビリテーションを経験するとともに、整形疾患や中枢神経疾患など様々な年齢層の患者様に携わらせていただきました。3年前に介護部門、訪問リハビリテーションの分野、大学サッカーチーム等のメディカルトレーナーとし、アスリート等のサポートも。また、病院外の活動として、地域市営のスポーツセンターと協力し、様々な教室(ウォーキングや腰痛教室)に取り組みました。2015年には大阪府内の専門学校で非常勤講師を務め、同年より国際統合リハビリテーション協会の東海支部にてインストラクターを経て、もっと理学療法士が病院内だけでなく、社会に貢献できるはずだと信じ、自身の強みである、姿勢分析‐骨格調整、頭蓋療法を用いた美容リハビリテーションの始動として当サロンを開院しました。

このサロンの特徴は?

 今年の8月に当サロンをオープンし、小顔サロンとうたっていますが、アスリートのコンディショニングやリハビリなので、トレーナーと精通するところがあります。パパッとお顔だけ施術するのではなく、「全身の繋がり、または姿勢の調整から見る小顔調整」というのがテーマ。

 理学療法士として、根拠に基づく施術をし、無痛をお約束します。即時的にも持続的にも絶対的な効果があり、全身のつながりから見る唯一の小顔施術だと思います。プライベートサロン内で、一人一人オーダーメイド。姿勢分析を含めた評価を行い、その人にあった、その人だけのメソッドを提供することで、お一人様ずつの背景・日常生活動作までにも関与します。造形したり、削ったり、注射を打ったりといった施術ではなくて、もともとあるものからキレイにする。医学、運動生理学、解剖学、運動学に基づいていることが当サロンの強みです。

■編集部からのお知らせ
3月7日に発売の雑誌「CoCoKARAnext」では読売ジャイアンツ・菅野智之投手のインタビューの他、プロ野球選手に学ぶ仕事術などストレスフルな時期を乗り越える情報を掲載。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

吉田 圭吾(よしだ・けいご)

1988年生まれ、三重県出身。幼少期の頃からサッカーに没頭。森ノ宮医療大学卒業、理学療法士資格取得。リハビリテーション、整形疾患、中枢神経疾患などに携わり、介護や訪問リハビリも。大学のサッカーチーム等のメディカルトレーナーを経て開院に至る。姿勢分析を含めた運動器へのアプローチと頭蓋の調整に絶対的な自信を持つ。

小顔サロン be
〔住所〕東京都港区赤坂6-19-45 コートモデリア六本木105
〔電話番号〕03-6277-8142
〔営業時間〕10:00~21:00(時間外受付可能)
※毎週、月曜日が定休日。
最寄駅は、東京メトロ六本木駅7番出口から徒歩6分、乃木坂駅3番出口から徒歩9分、赤坂駅6番出口から徒歩8分。

関連記事

おすすめコラム

人気タグ一覧